goo

霊気に触れる



今回のアストロヒーリングの受講者は
すでにエンジェルタッチの講座も受けてきた方たちだったので
その両方を深めるようなかたちで進行していきました。

毎日朝6時から約1時間、林のなかをウォーキングし
室内でのワークが続くときは、バランスをとるために
できるだけ大自然にふれるようにしました。
そしてほぼ毎日、温泉浴もしました。

写真は久住連山の黒岳原生林をウォーキングしているところ。
こうしているうちに手のひらががピリピリしてきたり
人によってはクラクラしたりワナワナする感覚が
生じたりします。

これはハイキングではありません。ラジオをつけたり
CDを聞きながら歩くようなことではありません。
“楽しい瞑想”といったところでしょうか。




深呼吸する。鳥たちの声に耳をすます。
風の音に聞き入る。森の香りを感じる。
自分の呼吸を感じる。高い樹を見あげる。
樹にふれる。




黒岳のかくし水を味わう。
かくし水にふれる。




大自然の気、エナジーにふれてきた手が
今度は人の体の気、エナジーを感じる。
筋肉や骨は肉体の一部、目に見える部分であって
それは実はほんの一部分です。

愛や瞑想性、遊び心をもって
受け手の体の気や微細なエナジーと戯れるとき
そこに深いリラックスが生まれ

「癒そう」としなくても、自然に癒しが起こります。
「癒そう」と努力する心の働きが邪魔になる場合もあります。

↓心地よさを感じている受け手。


« エンジェルタッチ ウォーキング »