不思議な能力

 こんなことで人の栄枯盛衰が決定されるなんて・・・
 調べれば調べるほど、驚愕の事実が判明しました。
 

不思議な能力99-95(生意気な言い方ですが、見ておられません。公的機関、大学、医薬品メーカ―などの皆さん、一緒にがん研究撲滅に向けて取り組みませんか?一気にがん撲滅を目指してみませんか!!)

2018年04月17日 | お知らせ

 日々入ってくるニュースを見聞きし、一喜一憂しています。

 昨日(2018年4月16日)のニュースは、「日立製作所が、尿を使ってがん検査をする実証実験を公開し、小児がんなどの検査を、病院に行かなくてもできるらしい。今年秋まで実験を進め、2020年代初めの実用化を目指す。」という内容でした。

 

 ガンの早期発見方法として、

・尿1滴で線虫ががんの匂いを嗅ぎ分ける。95%以上という驚きの高精度で早期発見を実現。日本中を驚かせた線虫がん検査『N-NOSE』。がんのあり方そのものを変える可能性を秘めた壮大なプロジェクト。

・1滴の血液から13種類のがんの有無を同時に診断できる検査法を国立がん研究センターなどのチームが開発。「腫瘍マーカー」を使う現在の血液検査と比べ発見率が高く、ごく初期のがんも見つけられる。

・唾液、においで早期発見    等々

 

 尿、血液、唾液、発するにおいなどに早期発見の手がかりが、画期的なことになるのか、はなはだ疑問に感じています。

 賛否両論ありますが、早期発見して、どうするのですか?

 がんの3大治療は手術と抗がん剤と放射線といわれています。手術で切除するのですか?

 ほっといても治るガンもたくさんあります。

 また、転移性のガンの場合には、早期発見したからと言って助かりません。

 

 お伝えしたいのは、いろいろありますがひっくるめて、こんなことをしなくても治るということです。特にがんの3大治療はお勧めできません。

 転移性ガンかどうかは「数字」を見れば一目瞭然です。

 現時点での医療技術では、転移性ガンを退治することは困難です。

 早期発見により、しんどくつらい目をし、かえって寿命を縮める結果にもなりかねません。

 

 タイトルに掲げた研究機関の方々に申し上げます。

 一緒にガン撲滅に向けて、取り組みませんか?

 私から皆様方に御示しできるのは「論より証拠」しかありません。

 転移性のがん患者を、皆様方の前で治すということしかありません。

 そこから様々なヒントを、おつかみいただけると考えています。

 

 田舎のおっさんですが、地球上では唯一の存在です。

 冗談抜き、大真面目にガンは治ります。

 がん細胞を正常な細胞に変えてやればいいのです。

 

 ガン治療が確立されていないのに、早期発見されても社会保障費が増えるだけです。

 

 いい加減に気づいてほしいものです。

 連絡をお待ちしています。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不思議な能力99-94(坂口憲二... | トップ | 不思議な能力99-96(治療困難... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事