ブーケ

気の向くままに!!

仙人草と天狗の羽団扇と

2016-11-05 13:29:42 | 日記
いつもの散歩コースとは違った場所に来てみました。

枯葉の中から縁起木のヤツデ(八つ手)別名テングノハウチワ(天狗の羽団扇)の花が付いています。昔から魔除けになる木として、
玄関のそばや門のそばに植える家が多い木です。天狗がヤツデの葉の団扇を持っているところから名が付いたようです。
花言葉は「分別、親しみ、健康」です。

雌雄異株のシロダモ(白だも)別名シロタブが黄色の花を咲かせていました。葉には3行脈が有り、葉の裏は白です。

つる植物のセンニンソウ(仙人草)が変わった実を付けていました。実に生える綿毛が仙人の髭に見えるところから名が付いたようです。
8月ぐらいから10月頃に白い花を咲かせます。センニンソウは有毒植物なので肌の弱い人は気をつけなくてはと思います。
花言葉は「安全、無事、あふれるばかりの善意、美しい心」です。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダブルレインボー(虹)を見... | トップ | ギンナン(銀杏)と釣鐘人参と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事