今日のくだらんつぶやき

最近はもっぱらウッチャンネタと声優ネタ。

体温

2009年11月09日 | つぶやき
■ 11/8 いいとも増刊号 ■
サラダバーで12時間粘る春日さん。そりゃあさすがに体が冷えるって。
でもそんな時間の余裕があるのねー。特番の時期が終わって少し余暇が取れるようになったのかな。
それにしても12時間もファミレスでどうやって過ごしたんだ。ナイナイのANNの本でも読んでいたのだろうか。そういえばイケタクで「春日は結構本読んでいる。活かされていないけど」って若林さんが言っていたなあ。

女性空手家に「若林春日」という名前の方がいると。
私も少し前に知ったんだよねー。下の名前で「春日」って珍しいよね。


■ 11/8 イッテQ ■ VTRで見るイモトの動物図鑑
森三中欠席のため、後列に出川てっちゃんがぽつーんと1人着席(笑)。いくらご意見番とはいえ前列には座らせてもらえないのね。レギュラーじゃないからか。
アマゾンのターザン再び。この方確か以前イモトにプロポーズした人?「4番目の妻になってくれ」って。なんだか今でもイモトに懸想しているムードが♪寝るときの「おやすみ」って声が無駄にイイ←それはナレーターの声
M-1の練習に大ウケのターザン。パフォーマンスでゲラっているのかと思ったらあれは本気か?

「珍獣発見か!?何が現れるのか!?」
と思ったら出川(生後45年)登場。・・・前回に引き続きまたしてもこのパターンに騙された私。そしていちいち「生後45年」のテロップに笑ってしまう。
ピラニアが大量に生息する川に空気も読まずに飛び込むターザン。かと思いきやイモ虫の味をレポートできない出川&イモトに「ココナッツの味じゃない?」とレクチャーしたり、アナコンダに絡まれて(というか、自分から絡めていった)この先の展開に悩む出川に「他にやることがなければ終わりにしようか」と助け舟を出したり・・・。
おそるべし!ターザン!!

次回の放送は29日。2週も空くんかーい!!(怒)


■ 11/8 学校れぼりゅーしょん ■ 内村先生による「思い出学」。ぶっちゃけ総集編。
「前やった振り返り学と一緒じゃん!」と文句を言うレギュラー陣に「うるさいなー」とキレ気味のウッチャン(笑)。
ふわぁー、やっぱ学校れぼりゅーしょんおもしろいわあ。
「英語は座薬と一緒」という関根麻里先生。

「入れたらすんなり入るんです!」

名言。
外国人タレント学は歴代1位、2位を争うおもしろさでした。ジローラモ、ボビー、フィフィで東北を巡る旅番組が気になってしょうがない。(この回の、春日さんの解答にウケているジローラモを若林さんが「ウケてる、ウケてる」と教えているシーンがとても好きだ。)
ザキヤマとオードリーの子供の頃の写真を出した時のスタッフの笑い声が半端でない。あなた達、自分達の番組でウケ過ぎでしょうww
オードリーの母校訪問で部室で喋っている時の2人の足の開き方がキャラと逆。若林さんが大股開いて春日さんが閉じている。ほんとこの人らの関係性って謎だ・・・。春日さんのでかい器で成り立っているのか、春日氏お気に入りの若林さんの顔のかわいさで成り立っているのか。
すず風金魚師匠が既に年金を貰っていると聞き、即「年金魚師匠」とガヤるザキヤマにボディブロー食らった。
ウッチャン大好きというサンド富澤さんの奥さんの爆笑に爆笑。
カップ麺を使ったあんかけ麺は簡単だしおいしそう!そういえばマロンさんのピーナッツのスープもおいしそうだった。
若林さんがサプライズで誕生日を祝われる映像が!ありがトゥース!!あのサングラスはウッチャンからのプレゼントだったのね。イケメンにはサングラスが必需品なのか。
ここのスタッフ、絶対オードリー・・・つーか、若林さんへの愛が大きいよね。本人は攻めあぐねていると言っていますが。ウッチャンがコンビの目立たないほうを弄る人だからかな。また「春日の思う若林の魅力ベスト3」みたいな若林さんが困惑・羞恥・赤面する企画をお願いしまっせ。

来週はほっしゃん。とアンタ柴田さんの「動物学」。アンタッチャブルが揃うんだ!
動物嫌いの若林さんの活躍に期待。

いつか若林先生による「春日学」をやって欲しい・・・。



♪もうこれ以上~そばに寄れない距離でずっといると~
 どっちの体温か~わからなくなるんだねぇ~
        (CHEGE and ASKA 「鏡が映したふたりでも」

昨日の日記にちょろっと書いた、ネタ中の2人の物理的距離のことなんですが、人様のレポの「2人の距離」の描写がおもしろいです。

 近い近い!もはや重なり合っている!

とか

 ・・・しかし近いな。

とか。
7日のエンタを見返してもまあ距離は近いけど漫才師ってあんなもんかなーって程度なんですがどうなんですかライブになるとかなり密着になるんですかなんでですか(真顔)。
ライブでは春日が体を寄せてくる→若林が「近ぇよ!」とツッコむってのがもうパターン化されているのか。テレビだと時間が限られているからそんなやりとりに時間を裂けないのか。
きゃーすがさんは若林さんがきゃーすがさんから思わぬアクションを起こされるとたじろぐのを承知の上で意地悪をしておるのかのう。日ごろの仕返しか?末っ子に「お前は橋の下から拾ってきたんだよ」とからかうのと同じ感覚なのかもしれぬ(←この仕打ちは末っ子の宿命)。もしくはきゃーすがさんが構って欲しいのか。いつもネタ中相手にしてくれないから。
・・・なんにせよ、2人が楽しいのならそれでいいさ・・・。きゃーすがさんが若林さんの耳元で「さっきの話、おもしろかったぞ」とつぶやいて若林さんが笑い崩れるってなんかもう漫才の技術とかとは無縁の世界のように思えるんですが、2人が楽しいならそれで正解と思わせるオードリーって、なんかいいですね。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野いちごがゆれるように ※追加 | トップ | 反応を、うかがう。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つぶやき」カテゴリの最新記事