ほそかわ・かずひこの BLOG

<オピニオン・サイト>を主催している、細川一彦です。
この日本をどのように立て直すか、ともに考えて参りましょう。

河村発言~石原都知事・橋下市長

2012-03-06 12:51:31 | 南京事件
 河村名古屋市長が2月20日「南京大虐殺」を否定する発言をしたのに対し、大村愛知県知事は、同月22日河村市長に発言の訂正乃至撤回を示唆した。石原都知事、橋下大阪市長は、どう対応するか、注目していたところ、石原氏は、同月24日の定例記者会見で、「河村君の言うことが正しいと思う」と語り、「あれだけの期間に40万人なんて物理的に殺せるわけがない」と持論を述べたという。下記の読売の記事が伝えた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●読売新聞 平成24年2月24日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120224-00001110-yom-pol
「正しいと思う」石原知事、河村市長発言を擁護
読売新聞 2月24日(金)23時3分配信

 東京都の石原慎太郎知事は24日の定例記者会見で、旧日本軍が多数の中国人を殺害した「南京事件」を巡って名古屋市の河村たかし市長が「虐殺はなかった」と発言したことについて、「河村君の言うことが正しいと思う」と語り、同市長を擁護した。
 石原知事は「あれだけの期間に40万人なんて物理的に殺せるわけがない」と持論を展開。市民感情が大きく傷つけられたなどとする中国側の主張に対し、「戦争のどさくさで、殺したこともあったかもしれないが、それをもって『大虐殺』というのは違う」などと語った。
最終更新:2月24日(金)23時3分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 一方、橋下市長は、「公選の首長は歴史家ではない。歴史的事実について発言するなら知見も踏まえ、慎重にすべきだ」と河村氏を批判し、自らは南京事件についての事実関係を論ずる考えはない、「(発言することで)日本にとってプラスになるようなことがあるとは感じない」と述べたと報じられる。媒体は朝日新聞である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●朝日新聞 平成24年2月27日

http://www.asahi.com/national/update/0227/OSK201202270108.html

「歴史巡る発言、慎重に」 橋下氏、河村氏を批判関連トピックス橋下徹 河村たかし

 橋下徹大阪市長は27日、名古屋市の河村たかし市長が南京事件を否定する発言をしたことについて、「公選の首長は歴史家ではない。歴史的事実について発言するなら知見も踏まえ、慎重にすべきだ」と批判した。記者団の質問に答えた。
 橋下氏は一方で、中国側が批判を強めていることに対して「中国側も過剰な反応はすべきでない。堂々と河村市長に抗議をすればいい」と主張。また、自らは南京事件についての事実関係を論ずる考えはないとし、「中国と日本は隣国。どう考えてもうまく付き合っていかないといけない。(発言することで)日本にとってプラスになるようなことがあるとは感じない」とも述べた。(山崎崇)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 私は、橋下氏の現状打破への情熱、改革への意思を高く買う者だが、本件に関する限り、橋下氏には見識も気概もない。河村「南京」発言への対応を通じて、橋下氏らの「維新版・船中八策」は、坂本龍馬にあやかるだけかと疑う。
 教育改革については、橋下氏らは国旗掲揚・国歌斉唱時の起立等、評価できることを進めているが、南京事件等に関する誤った教育を正すところまで踏み込まないと、大きな改革にはならない。 南京事件は東京裁判で、日本の指導者を断罪するとともに、米国の原爆投下を正当化するために、一つのポイントとなった。日本の政治家にとって、南京事件への態度は、日本の再興に関する根本姿勢に関わる。橋下氏は、南京事件について、しっかり研究・検討したことがないのではないか。
 総じて橋下氏の国家観・歴史観は底が浅い、と私は感じる。龍馬の「船中八策」を「維新版」などと気楽に使っているが、龍馬は黒船来航による幕末日本の存亡の危機にあって、当時の志士たちが皆そうだったように、わが国の歴史や国柄について確固たる知識を身につけ、またわが国を取り巻く情勢をしっかり認識し、そして、なにより民族の存亡に係る危機感を持っていた。そこから、「船中八策」という大構想は、生み出されている。
 龍馬の時代同様、今日においても、伝統・文化・国柄を深くとらえたところからでなければ、日本再建のための大策は策定し得ない。橋下氏は、南京事件を題材として、そのことをよく認識すべきである。「船中八策」については後日改めて書きたい。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 日銀インフレ目標1%の偽計 | トップ | 河村発言~上田埼玉県知事 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です (小林秀昭 (いすけ屋))
2012-03-06 21:00:14
 橋下さんは、いつの間にやら自分が政治家になっているという錯覚に陥っているんだと思います。なので外交問題になってはかなわないと思う。こうやって歴代の政治家は日本国の主張をしてこなかったから、現在の日中間の地位格差が厳然としてあるわけです。
 南京問題で意見を言わないのは、慎んでいるのではなくて、知識がないからです。少なくとも自分でひも解いた事は無いでしょう。
 橋下さんの評価は私も先生と同じレベルです。日本の歴史と伝統、国家感が抜け落ちている。本心では共和制でもよいと考えているように思います。
>小林秀昭 (いすけ屋)さん (ほそかわ)
2012-03-07 12:49:14
残念ながら、橋下氏はまだこのレベルですね。ぜひ猛勉強をして、国政を担い得る人物に成長してもらいたいものです。

コメントを投稿

南京事件」カテゴリの最新記事