ほそかわ・かずひこの BLOG

<オピニオン・サイト>を主催している、細川一彦です。
この日本をどのように立て直すか、ともに考えて参りましょう。

東京から日本の教育を変える

2006-02-13 14:42:05 | 教育
 日教組・全教に代わる第3の教職員団体がある。その名を全日本教職員連盟、略して全日教連という。私は教育問題に関心を持つ中で、7~8年前にその存在を知った。

 全日教連は、昭和59年に教育正常化を目指して結成された。参加単位団体は、1都2府23県に広がっており、栃木県では県下最大の団体である。山口県、徳島県、愛媛県、香川県などでも有力団体となっている。しかし、東京をはじめ、大阪・横浜・名古屋等の大都市部ではほとんど存在感がない。いわば良識派の弱小教職員団体の連合組織である。教職員の組織率は、2.3%。約3割を占める日教組の13分の1くらいの規模である。

 全日教連は「美しい日本人の心を育てる」という理念を掲げている。政治的イデオロギー的には中立不偏の態度を保ち、教育専門職として、教育現場の問題に誠実に取り組もうという姿勢がうかがわれる。私は、日本の教育を変えるには、やはり現場の教育者の人たちに、日本人としての自覚を持って頑張っていただかなければならないと思う。そこで、全日教連に期待を寄せてきたのである。

 その全日教連が2月11日、東京で本格的な旗揚げを行った。傘下団体となる東京都教育研究連盟(都教連)の設立記念大会が行われたのである。「東京から日本の教育を変える」がその志だ。
 私は、旗揚げの準備に尽力されてきた石井昌浩氏のご案内で、大会に参加してきた。石井氏は、東京都国立市の前教育長で、全国に名高い国立市の教育の惨状を訴えた『学校が泣いている』(産経新聞社)で知られる。現在は拓殖大学客員教授をされている。

 会場の日本財団ビルには、約200人が集結した。都教連の加盟者は約500人になるという。東京都では、全教が1万人、日教組が2千人というから、旗揚げとしては幸先の良い人数である。
 会長には、都立日比谷高校の校長が就任し、副会長・理事には、東京の小・中学校等の現役の校長が名を連ねている。

 自民党・公明党の衆議院議員らが来賓として、お祝いと期待の言葉を述べた。都の副知事と教育長が来る予定だったが、代わりを石原都知事に頼まれたと、首都大学の西沢潤一学長が挨拶した。
 祝電の披露にて、石原都知事からの長くメッセージが読み上げられた。知事は「教育現場から子供不在のイデオロギー対立を解消して、教育荒廃を克服し、東京の教育を変革・再生することを目的として結成される貴連盟には大いに期待しております」と祝辞を寄せた。「心の東京革命」にかける知事の思いは熱い。
 大会宣言の採択では、「東京発 信頼と誇りある教育の復活」というスローガンを掲げ、具体的な方針が発表された。
 その後、基調講演では、永世棋聖・米長邦雄氏が「次の一手」と題して、教育論を展開した。氏は、石原都政のもと、教育委員をして6年になる。「このまま行くと日本という国はなくなってしまう。日本が沈んでいるのは、経済だけではない。魂が沈んでいるのだ」と訴えた。
 氏は、ジェンダーフリーや過激な性教育を批判し、扶桑社の歴史教科書の登場以後、他社の教科書から「従軍慰安婦」などの記述がなくなって内容が好転していることを述べた。そして、子供が教師を尊敬するような教育を復活しようと呼びかけた。
 講演に対する謝辞では、都教連副会長が「魂を呼び起こす教育に取り組んでゆきたい」と力強く応えた。

 大会終了後のレセプションでは、来賓や全日教連のメンバーの方々と懇談した。3月11日に川口で行われるフォーラムにてパネルディスカッションでご一緒する明星大学の勝岡寛次氏に初めてお目にかかりお話ができた。
 また、うれしかったことは、たまたま声をかけた青年が二人、マイミクシイだった。ともに初対面である。一人は荒川区議会議員の小阪英二氏。もう一人は国会議員の秘書をしている大学生のN氏。三人でしばし日本の教育や政治について語り合った。思わぬ形でオフ会ができてしまった。

 大会の模様は、東京新聞等で報道された。
 いよいよ首都東京で旗揚げした全日教連。教育を変えなければ日本はだめになる、東京から日本の教育を変えようというその活動に大いに期待したいと思う。

参考
・全日教連のサイト
http://www.ntfj.net/
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 田中卓氏・女系容認論の迷妄1 | トップ | 田中卓氏・女系容認論の迷妄2 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
逆差別反対!! (大和魂)
2006-03-06 16:39:51
【在日生活保護の異常な優遇】 ──働かずに年600万円貰って優雅な生活。



在日は税金を払わないだけではない。

払わないどころか逆に国から金を貰っているのである。



日本人が生活保護を申請しても役所はなかなか認めないのに、

在日の場合は朝鮮総連や民潭の圧力によって特権的にあっさり認められる。



それゆえ在日の多くが簡単に給付認定され、在日の人口比給付率は

日本人の実に数倍にまで及ぶ。



しかも給付金額も『日本の主権者である日本人より多い』のである。



在日の40%の生活保護者所帯への援助は年間一所帯600万円。

年計2兆3千億円が「日本人ですらない在日朝鮮人の生活保護費」になっている。

http://www.geocities.jp/kosakaeiji/
re:逆差別反対!! (ほそかわ)
2006-03-06 17:13:55
貴君のコメントは直接、教育や教職員に関するものではありませんが、私も関心を持っている問題です。

リンク先の小坂英ニ氏は、東京都荒川区の区議会議員さんで、私も面識のある方です。日本人が見逃してはならない実態を明らかにし、問題提起をされています。
私も期待しています (milesta)
2006-03-06 18:43:01
初めまして。私もこの活動に期待を寄せています。

下記に関連記事を紹介したのですが、TBできないサイトなのでこちらにアドレスを置いておきます。

http://kyoukasyo.net/modules/news/article.php?storyid=390
re:私も期待しています (ほそかわ)
2006-03-06 19:06:38
書き込み有難うございます。

上のコメントに書いた荒川区議の小坂氏とは、都教連の設立大会でお会いしました。その大会では、都下の市議会議員にも数名お会いしました。

いろいろな人が、良識ある教職員の活動に注目していることの表れだろうと思います。

教育を変えるには、教科書も親も行政も変わらねばなりません。そのうえでのことですが、やはり心ある教育者の方々に立ち上がって、教育の現場を変えていっていただかなければ、日本の教育はよくなりません。

頑張っていただきたいし、また応援していきたいと思います。



栃木県から (宇都宮市民)
2010-08-04 20:04:37
栃木県の宇都宮市で生まれ育った自分としては全日教連の方針は嫌いです。
左翼だろうが、保守だろうが、教師たちがそういう主導権争いや自分達の都合が第一優先では、学校が歪むのは自然と思います。

栃木県は2005年まで全国都道府県いじめワースト7年連続1位。
不登校率も中学は1位と2位が多い。
自分が学生の頃は教師がちゃんと子供たちと向き合って最良の教育をしようと考えてるとは思えなかった。
親もそうやって育ったから、それが当たり前だと思っている。

他県から来た方や、他県に住んだときに関わった人は地元と比べ、話しやすく、親しみやすい方が多かったです。
栃木の人はなぜこんなに内向的なのか?と考えると、やはり教育がかなり人に影響を与えてると実感してます。
そういう自分には日教組とか全教の方がまだマシなんじゃないかと感じてます。
>宇都宮市民さん (ほそかわ)
2010-08-07 08:55:27
栃木県民や栃木県出身の人を何人も知っていますが、他県の人に比べて、特に内向的とか、それが教育の影響とか、私は感じません。むしろ、日本のよき伝統や文化を身につけたしっかりした人が多いというのが、私の印象です。

>左翼だろうが、保守だろうが、教師たちがそういう主導権争いや自分達の都合が第一優先では、学校が歪むのは自然と思います。<
 戦後のわが国の公教育がゆがんだのは、日教組によって、政治的に中立でなければならない教育公務員が、教育の現場で政治活動を行うようになったからです。

>そういう自分には日教組とか全教の方がまだマシなんじゃないかと感じてます。<
 全教は、日本共産党系の教職員団体です。以前日教組は旧社会党系の団体でした(今は民主党の支持団体)。これに対抗するために、日本共産党が作ったのが、全教です。
 一方、日教組や全教が教育現場で、左翼的な政治活動をし、偏向した歴史教育・思想教育をしているのに対し、教育の政治的中立、正常化を目指す団体が、全国各地に生まれました。その一つが全日教連です。

 日教組は、昨年9月の衆議院選挙で、傘下の北教組が候補者に違法な政治献金を行い、幹部が逮捕され、小林千代美議員(民主党)が議員辞職しました。本年7月の参議院選挙でも、日教組傘下の団体が、機関紙で組合員に特定議員に投票を呼びかけるなど、違法性の高い活動をしています。
 教育の政治的中立、正常化をめざす教職員団体からは、こういう社会的に問題になるような選挙活動を聞きません。教育者として、教育そのものにまじめに取り組んでいる人が多いからでしょう。
Unknown (宇都宮市民)
2010-10-09 20:31:34
栃木県がいじめや不登校が多い理由を考えていますか?

大人たちが自分たちの都合にばかりとらわれていて、
子供たちの視点を全く考えていないからとしか思えません。

全日教連は自民党の支持団体と聞きます。
栃木県は自民党勢力が強い土地柄というところからも感じるんですが、

権力者が自分たちにとって都合よく周りの人々を動かすために
自分たちの勢力を大きくするために
その一環で公教育機関を利用しているようにも思います。

私は全日教連の考えや、やっていることがおかしいと疑う姿勢は変わりません。
>宇都宮市民さん (ほそかわ)
2010-10-10 18:11:24
>全日教連は自民党の支持団体と聞きます。<
 全日教連は教育の政治的中立、正常化を目指す団体であり、特定の政党の支持団体ではありません。

コメントを投稿

教育」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

いじめのある現場で解決する策がある (奥田健次の教育改革ぶろぐろ部)
ブログならではといえるコミュニケーションだったといえる。 先々週の記事になるが、
中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その2 (釣りキチおやじの言いたい放題)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 「日本解放第二期工作要綱」(前回よりの続き) ≪B 工作主点の行動要領≫ 第1.群衆掌握の心理戦  駐日大使館開設と
■反日じゃない先生 ( ◆ ケシクズ ◆)
 ・信頼と誇りある教育復活掲げる 「都教連」が発足  遅ればせながらチェック。記事から、抜粋コピペさせて頂きますと。  :「教育現場に特定のイデオロギーを持ち込まず、美しい日本人の心を育てる教育の推進に組織的に取り組む時期がきた」  :「従軍慰安婦や南京.
「ゆとり教育」を継続する亡国、日本。 (奥田健次の教育改革ぶろぐろ部)
教育政策5年の誤りを立て直すには50年はかかるだろう。 それにもかかわらず、「ゆ
教育崩壊 (ikeday1な日々)
我が国の教育崩壊が叫ばれて久しい。少々古いデータとなるが、OECDの学力国際比較(2003)によると、15歳の生徒の数学的リテラシーは1位だったのが6位に低下、読解力は8位から14位に低下している。学力の低下は我が国の将来に、非常な憂慮を感じさせる現象である。とい
いじめの根を絶ち子どもを守るガイド (奥田健次の教育改革ぶろぐろ部)
当ブログでは、積極的に「いじめ」についてカテゴリを作って取り上げている。最近の記
米企業によるキッズケータイ洗脳が始まる (奥田健次の教育改革ぶろぐろ部)
100%反対。