Khmer Yeung クマエユーン

「私たちの国、カンボジア」という意味。
手作りの゛ぬくもり″を感じるカンボジア雑貨の店

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日の朝ごはん クイティウ

2010年10月31日 | 今日のカンボジア
シェムリアップは、肌寒い日が続いています
そんな日の朝ごはんは、温かい麺がいいですよね

今日の朝ごはんは「クイティウ」です
細めのお米の麺にあっさりしたスープがおいしい!
カンボジアの朝ごはんの定番メニューです

今朝は、豚肉 お肉も選ぶことができます。
以前もご紹介した「LY HO RESTAURANT」は豚肉を選ぶと
ひき肉がたっぷり!そして焼豚が入っていることも

カンボジアの人は、クイティウに砂糖やチリソースなど
自分の好きな調味料を加えて、自分好みの味にして食べます
私は、カンボジアのライムを搾っていただきます

日本もシェムリアップも寒くなってくるころ
どうぞ風邪をひかないように気をつけてくださいね!

Khmer Yeung (クマエユーン)のホームページはこちら
コメント

屋台のチャーハン

2010年10月28日 | 今日のカンボジア
最近、私が好きな屋台のチャーハン&フルーツシェイク

アジアの夜は屋台でごはん!そんなイメージがありますが
残念ながらカンボジアにはそれほど屋台がありません

オールドマーケットの近くに、チャーハン、焼きそばの屋台があります。
最近は、バーベキューの屋台も増えてきました

夜は、各国からの旅行者のみなさんで賑わっています

それほど屋台で食事はしないのですが、最近のおすすめは
「マレアプラウ」というカンボジアのハーブを入れた炒飯
ピリっと辛くて、香草好きにはたまりません

ナイトマーケットに出店していたときに毎日屋台を食べ比べ
ANZの通りにある緑の看板のBBQの右隣りの屋台がおいしかったですよ

Khmer Yeung (クマエユーン)のホームページはこちら
コメント

フィリップさんのカシューナッツ

2010年10月27日 | ぬくもり雑貨
おいしい!お手頃!お土産にぴったりの
フィリップさんのカシューナッツ&ピーナッツ

パッケージが新しくなって、パワーアップ
真空パックなので、袋を開けた時の味も香りも全然違います
賞味期限もグンと延びて、お土産にも安心

カシューナッツは、どうやってなるか知っていますか?
木の実なので、もちろん木になるのですが
ひとつの果実から、たったひとつしか取れない貴重なナッツです

写真を探したのですが、見つかりません
果実は、パプリカみたいな形をしています。
その果実の下から飛び出したように種が1つだけ出ています。
それが、カシューナッツ。とっても不思議なナッツです。

季節になったら、必ず写真でお伝えしますね

Khmer Yeung (クマエユーン)のホームページはこちら

コメント

ぶらりカンボジア!クラチェ編

2010年10月24日 | ぬくもり雑貨
カンボジアの北東に位置するクラチェ州!
クラチェ州には、雄大なメコン川が流れています
そして、そこにはなんと「イルカ」が生息しているんです

小さな船に乗り込み、ベテラン船頭さんの指差すほうを見ると
プシュー、プシューとイルカが川面に上がって呼吸をする音が、、、
そして、イルカ発見きれいなイルカの尾が見えました
自然の中に生息しているので、必ず見えるわけではないと聞いていましたが
幸運にもかなりのイルカを見ることができました

夕方は、メコン川に沈む夕日がとてもきれい
小さな町のリバーサイドはとても静かでのんびりです
地元の人も、夕日を見ながらビールシェイクで夕涼み
アジアの母なる大河メコン川のほとりにはゆっくりした時間が流れていました。

Khmer Yeung (クマエユーン)のホームページはこちら

コメント (3)

取材が来ました!

2010年10月23日 | お店
昨日は、2つの雑誌の方が取材に来てくださいました

1冊は、来年の新しいガイドブックを作っている方
持ち歩くのにも便利な小さなサイズの本が出版されるそうです!
明るくて笑顔のとっても素敵な女性の方でした

もう1冊は、女性雑誌でカンボジア特集をされる方
大きなカメラで撮影される姿は、さすがプロ!
記者の方もテキパキとした綺麗な方でした

こういうお話をいただくと、本当に多くの方に支えられ、
応援していただいているのだなと改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
こうやってブログを読んでくださっている方々をはじめ
みなさんいつも本当にありがとうございます

初心を忘れず、カンボジアのいいものを知ってもらって
その先にいるカンボジアのふつうの人たちの笑顔のためにがんばるぞ

Khmer Yeung (クマエユーン)のホームページはこちら
コメント