NPO法人 太陽と水と緑のプロジェクトのブログ

太陽…ソーラーパネルとLEDの普及 水…飲み水と農業用水の確保 緑…安心安全な農業・食物とエコロジーで持続可能な社会

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インドの農村で学生さんと取り付けてきました<後編>

2017-01-02 | 活動報告

さて、この写真。どこにソーラーパネルがあるか、わかりますか?

 

ソーラーパネルの表面にほこりがかぶると、発電効率が落ちます。

     ↓

発電量が落ちると、バッテリーへのチャージ量が少なくなります。

     ↓

バッテリーの充電が不足すると、どんどん電圧が下がっていきます。

私たちが使っている鉛バッテリーは、一度劣化してしまうと

もうチャージしても基本的になかなか生き返らないのです。

 

私たちの考えた「ナノ・ソーラーシステム」は、

ちょっとした知識と”取り扱い上の注意”が必要です。

面倒ですか?

 

でも、正しく使えば何年も使えるのです。

きちんと覚えればそれは農民にとって利益になり

それは、教育にもなります。

  

今回、学生さん達には

「知識を持たない村の人たちにいかに長く使ってもらえるか」という視点で、

取付けのときにはしっかりした説明を徹底してもらいました。

*雨の日はチャージしないから次の日は灯りをつける時間を調整する

*スイッチの入・切は丁寧にする

*長時間つけっぱなしにせず必要最低限に使う

など、本当に基本的なことばかりですが、とても大切なことです。

 

今回訪れたサソダ村には、

電気がない代わりに、政府からの補助金をもとに買われた

ソーラーパネルと大きな12Vのバッテリーがいくつもありました。

  

パネルの大きさにあわないおっきな中古のバッテリー。

 

パネルはほこりをかぶってそのまま、

バッテリーはかなり劣化していて

昼間充電できた分で、1~2時間ほどライトが使える程度です。

 

これは、この村に限ったことではありません。

ほかの村でも、都市の真ん中でさえ同じ状態のものをよく見かけます。

大事にされずそのままほこりをかぶったパネルがいっぱいです。

 

取り付けた後で、村の中でも少し電気知識を持った青年に、

学生さんが電圧や電流の測り方を伝えました。

 マルチメーターの使い方。

 

村で維持管理する知識と技術があれば、それはその人の仕事になります。

 

今回、印象的だったのは、

「マーケットの商品はもういらない。あなた達から、その色々な知識と一緒に買いたい」

と学生さんが村の人たちに言われたこと。

  最後はチーム混合たすけあい。

今回実際に経験した学生さんが、

「知識を伝えることは、ひとつのビジネスになりうるんだ」

と言いました。それは大きな気づきです。

そのことを考えられるまで、学生さんたちが成長したことはとてもうれしいことです。

私たちも教えられました。

 

世界中で、ITや金融業界に活躍する層がいるいっぽう、

インド全体からみたら国民の70%以上はそういった世界と無縁の世界に居ると

昨年の1月、州のチーフミニスターが言っていました。

いま、農民の方たちも知識や技術を求めている時なのだと今回強く感じました。

  屋根と屋内と分業して。

 

私たちの小さな活動が、

農村全体の教育の底上げにつながりそうです。

 

今回、プロジェクトを終えたあと、

村から参加した学生さんたちが、ソーラーパネルの表面を拭いて

前後の発電量をメーターで比較して見せて

メンテナンスの仕事につなげる一歩を始めたそうです。

 

アムラワティ大学のほか、今回のプロジェクトの反響が大きく、今年は”太陽”のパートもますます発展しそうです!

  

村の学校で発電機がもつ間だけプロジェクターを使ってプレゼン。

小川高校の生徒さんとインドの留学生さんと作った3か国語新聞も紹介しました。

 

※今回取り付けたシステムは、1年間のモニタリングとして取り付けています。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« インドの農村で学生さんと取... | トップ | 村の学生さんがメンテナンス... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

活動報告」カテゴリの最新記事