ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

ついに定例麻雀が復活

2020-07-02 10:10:23 | ギャンブル
先日囲碁会の話を書きましたが、そろそろ麻雀もやろうかという声が上がり、4カ月ぶりに定例麻雀を再開しました。

開催するにあたり比較的近くに住んでいるH君が雀荘の様子を見てくるということで、いつもの雀荘のほか周りの雀荘の様子を見てくれました。

その結果いつもの雀荘はやや換気が悪く、タバコの煙が充満しているということで、駅から少し離れているのですが、良さそうな雀荘を見つけてくれました。そこでこの新しい雀荘集合ということにして、当日はやや小雨が降っていましたが少し早めに出かけました。

最寄りの駅は人が多いところですが、平日の昼というのにかなり混雑しており、ほぼいつもの活気が戻っている感じでした。

すぐに全員が集まり以前のようにビールで乾杯して始めましたが、このビールがジョッキではなく缶ビールというのはやや残念でした。ここで一つの問題が出てきました。

SKさんとSTさんも喫煙者なのですが、私の加熱式タバコは席で吸っても良いが、普通の紙巻きタバコは喫煙所で吸うということでした。またなるべくマスクをしたまま麻雀をやるということになっていました。まあ今の色々な流れからは、やむを得ないことかもしれません。

さて最初の半荘はSKさんの満貫から始まりましたので、荒れた麻雀になるかと思ったのですが、いわゆるジャブの打ち合いになり、オーラスでSTさんがやや沈んでいるものの3人がほぼ原点で、誰がトップになるか分かりませんでした。

ここで私がピンフドラ1という手を軽く上がり、予想外のトップとなりました。次の半荘は私にツキがきたようで、安定してトップが取れました。久しぶりの麻雀で緊張していたのですが、この連続トップでやっと落ち着くことができました。

今回の最高手はSTさんが親の時白を鳴き、あまりホンイツ風ではなく若干警戒していました。中盤STさんがドラを自模り、白、トイトイ、三暗刻、ドラ3と親の倍満となりました。ドラがらみではあっても親の倍満は大きく、この半荘はこれで決まってしまいました。

この後はSKさんのツキが激しく、かなり無茶な麻雀でしたが、危険牌も当たらずリーチをかければ簡単に自模るという展開で、手が付けられない状態でした。私は振り込まないようにと大きく沈まないようにするのがやっとで、勝負を避けましたのであまりひどい結果にはなりませんでした。

今回の麻雀は初めてなので、少し早めに終わろうと半荘5回で終了しました。SKさんの大勝で、私は少しプラスの2位、良いところがなかったH君の一人沈みとなりました。

ここは卓も新しく牌もきれいで、喫煙の問題はあったものの麻雀は本当に楽しいものです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 薬は一錠ずつ切り離してはい... | トップ | 肝細胞からヒト胚モデル作製 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ギャンブル」カテゴリの最新記事