ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

久しぶりのギター仲間の少し早目の忘年会

2021-11-29 10:26:56 | 日記
先日ギター仲間が何年かぶりに顔をそろえた、少し早目の忘年会を開催しました。

コロナのためここ2年間は恒例のギター合宿も自粛し、忘年会などの飲み会もすべて中止していました。その間オンライイン飲み会や、テレ合奏などはたまにやっていましたが、メンバーが集まることはありませんでした。

ここにきてコロナがすっかり落ち着きましたので、万年幹事のO君が集まって忘年会ができるのではという話になりました。皆も顔を見たいという気持ちがあったようで、すぐに全員賛成ということで、赤坂の和風フレンチで昼食会をやることが決定しました。

10人のうち茨木在住のI君が遠いということとやや体調が悪いということで不参加となりましたが、残り9名で集まりました。

私は昨年末にコンサートいったきりですので、1年ぶりの上京ということになります。赤坂など全く土地勘がありませんので、送ってくれた詳細な地図を印刷して少し早めに出かけました。

地下鉄の赤坂駅を出て有名な一ツ木通りを地図を頼りに歩いていきましたが、見つからないまま行き過ぎてしまいました。ビルの4階ということで上を見ながら戻ったところ、見慣れた年寄りが3人うろうろしていました。

A君なども見つからず探していたようです。T君は番地までメモしており、このビルらしいから4階まで行こうといっていましたがエレベーターのところのビル名が違っていました。隣の携帯ショップのビルの案内を見ると、目的とするレストランのイニシャルが入っていました。

そのビルの奥まったエレベーターのところには、フルネームが出ており、やっと目的のレストランにたどり着きました。こんな一見さんが絶対に入らないような構えでもやっていけるのが赤坂なのかもしれません。

我々が加わり無事全員が揃うことができました。小ぢんまりしたきれいな店でしたが、9人が何の仕切りもないところで食事をするのはやや問題かもしれませんが、あまり気にせずに始めました。

やはりフランス料理らしくサービスにかなり時間がかかりましたが、なかなかしゃれた料理が多く、皆と楽しく話をしながら食べていきました。ここではシェフおすすめの赤ワインが出ましたが、私はあまり好みでないのでウイスキーの水割りをちびちび飲んでいました。

皆で近況など話した後、合宿をどうするかの話になりましたが、コロナの状況によるため2月の終わりごろオンライで集まって相談することになりました。デザートまで終わるのに3時間近くかかりましたが、十分話ができて満足でした。

帰りは赤坂見附経由としましたが、やはり昼の酒はよく効くということで、若干疲れた感じはしましたが楽しい1日となりました。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 海藻からプラスチック代替品... | トップ | 食中毒の腸管出血性大腸菌 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事