「北の山じろう」日記(60代の爺様の寝言かもしれません?)&2018年は大谷翔平くんを(思いっきり!)応援するブログ

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」→これは今は無いブログのタイトルです

2017年06月14日(水)19:56 バターが不足する原因?

2017-07-23 12:33:58 | ブログ

フランスで「バター危機」勃発 90%超値上がり、パン店が悲鳴
2017年06月14日
http://www.afpbb.com/articles/-/3131935?cx_part=txt_topstory

「バターが買えない」の裏にある不都合な真実
2016年04月06日
http://toyokeizai.net/articles/-/111696
バター不足の「本当の理由」を知っていますか
2016年04月16日
http://toyokeizai.net/articles/-/113334

※日本でバター不足が問題になったのが、去年2016年。今年は、フランスでバターが大幅に不足しているようです。

日本のバター不足には、日本特有の事情があります。
しかし、今回フランスでも起きてしまいました。

非常に簡単な理由は、価格が安過ぎることだと思います。
どこの国でも、生産農家にたいして所得補償的な制度があり、農業生産を維持しています。

単純に農産物の輸入を自由化するなら?
国内の生産農家は、壊滅するでしょう。
単純に輸入と国内生産を調整すればよい話ではありません。
どうして?
農地が使用されなくなり、放置されると?
これを再び農地にするには、かなりの期間が必要です。
水田なら、もっと大変です。

いったん生産を放棄すると、農地の場合は農地にするのが非常に手間暇と時間がかかると言うことです。

将来的には、食物の不足が世界中で起きます。
既に部分的には、起きています。
国内の農地を維持し、農業生産を確保するのは長期的には最大の課題です。

バターの話だから、大して問題にもなりません。
これが、小麦や米だったら?
どうなりますか?
近未来に起こることです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年06月13日(火)19:49 4... | トップ | 2017年06月15日(木)20:37 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事