KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

OG来塾!

2019年09月13日 | 17年 予備校部

  おはようございます。昨日は、夕方昨年のOGが来てくれました。京都女子大学に行ったTさんです。予備校時代より、2回りほどきれいになっていました(笑) 大学生活、充実しているようです。サークルに、アルバイトに、もちろん勉強にも。お土産、ありがとうございます。出町橋のふたば本店の豆大福、さすがにとっても美味しかったです。

 話は変わりますが、中日の根尾選手。球団から注意を受けたようです。「通りを渡るときに、横断歩道を渡っていなかった。」と球団にクレームを入れた人がいたそうです。ということは、信号無視はしていないということですよね。なんだかんだといちゃもんをつける人は世の中にはいます。そして、それが、「間違っていないこと」だからこそ厄介なのです。球団としても、注意をして公に示さねばなりません。有名人になるってことは、本当に大変ですね。昔、阪急ブレーブスの福本豊選手が、「立小便をできなくなるから」と言って、国民栄誉賞を辞退しました。この言葉こそ、まさに本質を突いている言葉だと思えます。さすが福本さん。みんなが納得する、しかも人生の本質を突いていることを、誰にでもわかりやすい短い言葉で的確に答えています。これこそ、「哲学者」なのです。

 受験って結局、自分がどう生きたいか、どんな人間になりたいか、それを受験勉強を通して示していくのだと思います。いつも言い訳ばかりで、取れなかった点数を悔やんでばかりで、本当はこんなはずじゃないと思ってばっかりの人生は、嫌ですよね。点数は、人それぞれ、今までの勉強量もあるし、少しは能力も関係するのかもしれません。しかし取り組む姿勢においては、みんな横一線だと思います。そんな中で、自分はこれだ!というものを出していくのです。あなたの気持ちを勉強にぶつけてもらいたいんです。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« OB来塾! | トップ | 関学同窓会支部総会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (元 高校野球関係者)
2019-09-13 16:53:53
根尾選手のこと ほんま嫌な世の中になりましたね
私が思ったのは そんなもん誰だってやってるやろ
って思ったのと あと それだったらその球団に クレーム入れる前に根尾に注意したらいいんやんか って それで済む話やって

ほんま生きづらい世の中になってますわ(怒)
Unknown (山下)
2019-09-26 20:01:24
 こんなこと言う人、いるんですよね。三重県かどこかの商店街で、少しでも店が、道路に看板などを出すと激しく抗議する人がいて、たったその人のために廃業するお店も出たり、商店街も活気がなくなったそうですね。本人は、「正義の味方」なんでしょうけれども・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。