KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

スーパー銭湯で

2019年08月28日 | 

 夕方、少し時間があったので、岩出の幸の湯へ。平日の昼間は、人も少なく、くつろぐことができます。ぼ~と瞑想にふけったりしながら、いろんなお風呂に入ってきました。出てきて脱衣所のところで、隣で着替えていた人が、私に椅子を差し出してくれました。「ありがとうございます。」とお礼を言って、少し話をしました。

 「平日のお昼に、お風呂に入れるって、最高です。」と私が言うと、

 「そうやねえ、わしらぐらいの年になると、ほんんまに、お風呂が一番よ。」

 「おいくつですか?」

 「85歳よ。」

 「お元気ですね。私の父は、1つ年上です。」

 「嫁と、週に1度、お風呂に来るんよ。お風呂に入ったら、それだけで、いい気分になる。嫁の機嫌もよくなる(笑)」

 「そうですね。本当にそう思います。お風呂に入ったら、嫌なことも、もうええわってなりますもんね。」

 「その通りやで。お父さんや、お母さんに、やさしい言葉、かけてあげてよ。それが一番お親孝行やと思うわ。」

 「ありがとうございます。週に一度、顔を見に行っているんです。何もできませんが、それだけでもいいかなと思って。」

  なんだか、お風呂に入った以上に、心があったまった気分になりました。ありがとうございます。

 

 

 

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 個人面談 | トップ | 柔軟! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (元 高校野球関係者)
2019-08-29 09:32:55
塾長 私は今日幸の湯に行ってきます!(笑)
Unknown (山下)
2019-08-29 10:44:14
 お風呂に入れる。それだけで幸せ!
Unknown (きよし)
2019-08-29 21:54:43
先生の日常を切り取った優しい雰囲気の文章が大好きです。宮本輝のようですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。