KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

高1英語

2020年09月29日 | 受験・学校

  おはようございます。今週末に近畿大会の出場校3校を決める高校野球の4強の激突が始まります。新人戦優勝の和歌山東と対戦するのは、好投手を擁して打線も好調な向陽。そして智弁和歌山に対するのは、「全国優勝」をチームのスローガンに掲げている市立和歌山。この4校の中から3校が京都で行われる近畿大会に出場し、その結果で来年の選抜が決まることになります。

 昨日は高校1年生の英語。1年生8名が全員来てくれていました。テストの範囲である受動態と準動詞のプリントを5枚作ってあったのですが、最初の受動態でつなずいてしまう生徒があまりにも多かったので、予定を変えて、受動態を詳しくもう一度説明をして問題をいろいろ解かせてみました。今の1年生たちは、新しい入試制度である共通テストを念頭に置いた指導がなされています。読むことを中心にしていますから、どちらかというと文法問題はできない生徒が多いです。その中でも文章を書き替えたりする問題は一番苦手なのです。ただ、ある程度の基礎はしっかりと身につけておかねばなりません。

 最後はみんな、できるようになりました。これをしっかりと覚えて、自分の力にしてください。この前から来ている野球部の生徒3にんも頑張っていました。向陽がベスト4に入っているのに・・・という思いがあると思います。野球も勉強をもう一度しっかりと引き締めて頑張りましょう。

コメント   この記事についてブログを書く
« 学費1200万円値上げ | トップ | 「ああ 栄冠は 君に輝く」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。