KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

20年 予備校部 合格体験記 ②

2020年02月19日 | 令和元年予備校生

 おはようございます。今日も、私立大学に合格した生徒の体験記を掲載します。

 粉河高校出身の生徒で、本当に真面目によく頑張りました。受験勉強を通じて、前を向いて、自分を信じて頑張れるようになったこと。それが一番よかったと思います。一所懸命に、苦労して苦労して、合格通知を手に入れたこの体験は、これから先の、人生の「支え」になることと思います。

 

 粉河高校卒 Ⅰ 君

 現役時 龍谷大・大経大・桃山学院大 × → 立命館大学 経済4つ・龍谷大学経営 5戦5勝!

 

 現役の時の成績はセンター英語94点  受験した大学全て不合格とすごくひどい結果でした。


高校の先生からいろんな予備校のパンフレットをいただいて、KGセミナーのパンフレットを見たときにここしかないと思ってすぐに電話をしたのを覚えています。


 最初の授業を受けたときは周りのレベルの高さに驚きましたが、何とかみんなについていこうという気持ちで勉強をしていくうちに8月の河合模試の英語で180点をとったり、第一志望だった龍谷大学の判定で初めてA判定をとることができました。そこで自信がついて、もっと勉強を頑張ろうと思いました。


 公募推薦で龍谷大学を合格してから立命館大学を意識し始めましたが、多分無理なんだろうなぁと考えてしまい
諦めかけてしまいましたが、親や先生の言葉に励まされてなんとかやる気を維持することができました。


 立命館大学の入試が終わり、本当に自信が無く4回受けて一つ受かってるかどうかも怪しいレベルだったので諦めていましたが、
合格発表のサイトに自分の番号が4連続で載っていたときは驚きました、夢を見ているような感覚でした。

 

 ここまでくるのに親にはたくさん迷惑をかけてしまいました。それでも浪人することを許してくれて、こんな自分を支えていただき感謝してもしきれないです。


 姉にもたくさん受験のアドバイスをしていただきました。ありがとうございます。


 そして、自分を立命館大学に合格できるまでにしていただいた山下先生には本当に感謝しています。ありがとうございました!

 

 山下より

 合格本当におめでとう! 去年、お母さんと面談に来てくれた時のことをよく覚えています。いかにも自信が無さそうな感じが漂っていましたね。しかし、出身校、現役の時の成績、そんなものは全く関係ありません。素直な気持ちになって、やれるかどうかなのです。予備校に来たら、もうその予備校のことを信じてやるしかないのです。やればどうですか!びっくりするような結果を自分の力で手にできるのです。大学に行っても、今の気持ちを忘れずにさらに極めていって下さい。おめでとう!

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 20年 予備校部合格体験記 ① | トップ | 関関同立 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。