KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

20年 予備校部合格体験記 ①

2020年02月18日 | 令和元年予備校生

 おはようございます。今日は、もう受験が終了した予備校生に、早速、合格体験記を書いてもらいました。

 現役の時から来てくれていた生徒で、3科目に絞って、関西大学を目指していた生徒でした。最後までよく粘って頑張ってくれました。現役時代とは違って、たくさん合格通知が届きました。不合格通知は、束になってやってきますが、一つ合格すると、次から次へと、いい便りが届くものなのです。

 星林高校卒 T君

 現役時 近大・龍谷・大経大 × → 関西学院大商・商・経済、関大商・商・商、近畿大経営・経営 すべて合格

 

 合格体験記

 

 僕は現役の時、近畿大学を第一志望にし、龍谷大学、大阪経済大学を受験したけれど、ひとつも合格通知は届かずに、浪人することになりました。


 いま考えると、あれだけの勉強量で近畿大学に受かるわけがなかったと思います。


 現役の時からKGセミナーで山下先生に英語を教えてもらい、英語はそれなりに自信がありました。しかし日本史と国語は到底合格できるほどできませんでした。


 浪人して関西大学を目標に勉強を始め、英語は模試や授業でも今まででは見たことないような点数を取れるようになりました。
途中で関西学院大学に第一志望を変えて勉強していましたが、最後まで関西学院大学は合格できる気が全然しませんでした。しかし最後まで諦めずに勉強を続けたから合格することができたと思います。


 何度も諦めようかと思いましたが、先生にも「ここまで頑張って来たんやから最後まで頑張れ。お前やったらいける!」と言われ先生の言葉で助けられたことが何度もありました。


 現役の時では考えたこともなかった大学に合格できたのも山下先生のおかげです。山下先生2年半ほんとうにありがとうございました。

 

 山下より

 おめでとう。本当によく頑張りました。12月の面談で、受験のスケジュールを見せてもらった時に、私は、どこでも合格できる!と言い切りましたよね。その通りの結果になりました。

  たしか、11月の模試は、関学も関大もD判定でした。しかし、君のことは、ずっと近くで見てきていたので、力があるのはわかっていました。模試の判定などで、気持ちが左右されてはいけません。最後まで合格できると信じてやり切れるかどうか、それが何より大切なのです。

 今の気持ちを忘れずに、自分に自信を持って、謙虚にさらに頑張り続けて下さい!

コメント   この記事についてブログを書く
« 合格発表! | トップ | 20年 予備校部 合格体験記 ② »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。