KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

2次試験

2020年01月31日 | 受験・学校

 おはようございます。今日から正式な2次対策が始まります。現役生と予備校生が一緒になって授業を行います。ここから本番までにどれだけ実力を上げられるか。きちんとした英文訳を書けるようになり、それなりの英作文を書けるようになるか。

 しかし、2次のテストは、ただ「勉強」だけではなくて、あなたが生きてきた中での「文化の差」が出てきます。ここまで生きてきて、何を感じ取り、何に反応をしてきたか。大きく言えば、そういったことが問われてくるような気がするのです。超進学校の先生とお話をしたときに、「なぜ、センターで、850点、860点を取れる生徒が、東京大学の試験で、落ちてくるのか?」そんな事をずっと考えていたそうです。

 結論は、「文化」の差。ただ、詰め込んで、勉強だけをしてきた人を、東京大学や京都大学と取りたくないというのがわかったそうです。そういえば、神奈川の私立校で、東大に100人近く合格者を出す学校は、土曜日に補習をしていたのを、バイオリンを聞かせたりする時間に変更してから、一気に合格者の数が増えたとか。

 小さいころから、どんな本を読んできたか、どんな人と交わってきたか、仲間と何を目指して一緒に取り生んでいたか・・・・そういったすべてのことが、2次試験に反映されているのかもしれません。

コメント   この記事についてブログを書く
« 序二段優勝! | トップ | 関関同立入試始まる »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。