KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

桐蔭、初戦突破!

2019年07月17日 | スポーツ

 おはようございます。昨日仕事が終わってから、録画してあった桐蔭の初戦をゆっくりと見ました。前日に、シード校の海南高校が敗れたので、少し心配をしていたのですが、何とか初戦を突破することができました。桐蔭のエースは、11安打を浴びながらも、安定したピッチングで、落ち着いた投球をしていました。力の配分を意識した投球で、ランナーが出てから、ギアを一段と上げているようでした。こんなピッチングができれば、気分的に楽に投げられます。また、内野の守り、特にショートとセカンドの守備がよかったです。しっかりと鍛えられていました。とにかく、まずは初戦です。突破出来てよかったです。

 串本・古座高校は、登録部員17名。8人の3年生が卒部すると、9人になってしまいます。しかしきちんと野球をしていました。4連打で2点取った7回などは、勢いを感じました。少ない人数でも、しっかりと練習をしているのがよくわかります。熊谷監督さんは、いつもしっかりとチームを鍛えています。和歌山県の高校野球のレベルの高さを感じる試合でもありました。初戦でも大差のついてしまう試合があまりないのです。

 今日は、春ともに選抜8強の智辯和歌山と市立和歌山が紀三井寺に出てきます。初戦、どんな戦いをするのか楽しみです。

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 高校野球 | トップ | 報徳学園、公立進学校に敗れる! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (orochi)
2019-07-18 08:08:00
母校の勝利、おめでとうございます。県大会といえども、母校が勝ち進むと嬉しいですね。特に塾長さんは野球部OBなのでなおさらでしょうね。
私の場合は、先日勤務校は商業高校対決で高田商業に負けました。そしてその翌日、母校は延長線の末サヨナラ負けしました。早々と消えるのはさみしい限りです。
相手の高田商業は全校応援で、たくさんの生徒が来ていました。勤務先は熱中症を考慮して、今年から1年生の全員応援がなくなりました。
母校は試合が祝日だったこともあり、たくさんの有志生徒や卒業生、同窓生が来られていました。
スタンドが賑わっている高校ほど、みんなから愛されているいい学校なのかなあと感じました。
奈良大会も天気を心配していましたが、今のところ予定通りに試合が進んでいます。20日の試合で2回戦が終わり、全校初戦を消化することになります。
Unknown (山下)
2019-07-18 10:24:45
orochiさん、ありがとうございます。シード校として何とか面目を保てました。orochiさんの母校、残念でしたね。しかし最近、すごく力をつけてきて、本気で甲子園を狙える学校になってきました。その反面、かつて強かった公立の雄、K山高校の力が落ちてきたような気がします。
 公立高校が頑張ると、なんかワクワクします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。