KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

予備校生へ

2019年09月06日 | 令和元年予備校生

 おはようございます。昨日、授業終了後、夜10時から最後の予備校生の面談がありました。やはり、保護者の方を交えて話をするといいです。その家庭の考え方がよくわかります。

 今日は、2週間に1度の英語実力テスト。だんだんと、みんなの間の実力の差が、なくなってきました。今まで、できなかった人たちの追い上げが激しくなってきています。切磋琢磨という言葉がぴったりです。

 生徒と話をしていると、

 「先生、今から思えば、去年、あんな実力でよく大学を受験したと思います。10問、問題があると、2,3問しかわかっていませんでした。今は、7問は、確実にわかるようになり、後の3問も、色々と推測できて答えを出せるようになってきました。」

 と語ってくれる人がいました。そうですね、力がついて初めて、あの頃の力のなさがわかります。センター試験まで、あと4か月。自分にできることはすべてやる。1日1日を決して無駄にしない。しっかりと生きること。頑張りましょう!

コメント