KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

市岡高校との定期戦

2019年08月19日 | スポーツ

 おはようございます。14日、木曜日、桐蔭高校のグラウンドで、和中桐蔭創立140周年記念して、市岡高校との定期戦が行われました。創立140周年ということで、野球部OBだけでなく、同窓会、保護者会、学校関係者なども出席してくれました。

 我々の頃は、春は、桐蔭に来ていただいて、秋には、市岡高校に行って試合を行っていましたが、今は、夏に一度行っています。市岡高校と桐蔭高校は、全国でわずか15校しかない、第一回大会から連続出場している皆勤校です。昔からお互いに切磋琢磨しながら、頑張ってきました。

 市岡高校は、野球殿堂入りをしたOBが4名。桐蔭高校は3名。ともに、中等学校野球を支えてきた両校です。市岡高校からは、OBの方が4名来ておられました。その中に、31期のMさんが来ていました。私は30期。高校時代よく対戦した投手です。とにかく球が速かったのを覚えています。高校を卒業して、ドラフト2位でヤクルトに入団した人です。懐かしかったので、少し話をしました。今は、司法書士として頑張っておられるそうです。奥さんが、和歌山の方で、奥さんの妹は、KGで予備校部のOGでした。びっくりしました。

 今年は、市岡高校が勝利を収めて、OB会長の代わりに、私が、勝利カップを市岡の主将に渡しました。市岡高校の試合に、Mさんは、同行して、投手を指導しているとのことでした。その市岡高校のグラウンドは、今は、マウンドも削られてしまって、練習試合もできなくなってしまったそうです。レフトが極端に狭かったあのグラウンド。懐かしいな。

 

コメント