KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

2月1日、関大・関学入試

2018年02月02日 | 14年予備校部

 おはようございます。寒いですね。昨日は2月1日。関西大学や関西学院の入試が始まりました。関西の地域では、本格的な入試の始まる日です。この日は、いつも寒くなるような気がします。

 今は地方入試が多くなりました。和歌山でもほとんどの大学の入試ができるようになりました。しかし昔は、その大学に行かないと入試は受けられませんでした。私も現役の時に関西大学を受けに行った時のことは、今でもよく覚えています。

 関大前の駅から大学までの道のりが、学生街という感じがします。当時はコピー屋さんとかもありました。歩いていくと「サ・ボール」という名前の喫茶店もあったのを覚えています。道沿いには、「~高校の諸君、頑張れ!」というような、高校の先輩が激励のメッセージを掲げてくれていました。僕も来年は後輩のために!と思ったものでした。「懐かしくなります。

 浪人して初めて関学を受験しました。甲東園の駅を降りて、ひたすら坂道を登っていくと、左に県立西宮高校が見えてきます。もう少し進むと、時計台の先が見えてくるのです。門を入ると中央芝生が広がって、甲山を背景にした時計台が見えてきます。「きれいだなあ!」と初めて関学を見た私は思いました。

 地方入試ができるようになって便利になりましたが、少しその大学に対する、「憧れ」の気持ちが薄くなったような気もします。

コメント

全勝対決

2017年11月20日 | 14年予備校部

 おはようございます。12月下旬の寒さだそうです。真冬の服装でお出かけくださいとテレビで言っていました。近畿大学の推薦入試、受験した人たちはどうだったのかな。

 昨日は、関西大学アメリカンフットボールの全勝対決がありました。関西学院対立命館大学。ここ数年は、この2校が優勝を分け合ってきました。昨年から、甲子園ボウルへの出場のチャンスが、関西2位校にも与えられるようになりました。しかし2位になると次週に西日本選手権を行って勝利し、さらに翌週試合になります。日程的にも厳しくなります。昨年は、関学が勝利。2週間後に再び立命を破って甲子園ボウルに出場しました。

 しかし、今年は立命館、強かったですね。初めから関学を圧倒していました。去年の悔しさ、それを忘れていませんでした。21対7。関学は最終クォーターに7点を返しただけ。2週間後、再び立命に挑めるように立て直さなければなりません。

 塾のOBに関学アメリカンフットボール部の選手もいます。星林で野球部のキャプテンを務めたK君です。大学に入って初めてフットボールに触れました。練習試合ではたまに出してもらっているようです。体つきが現役時代とは全く違って、アメフト選手になってきました。頑張れ!大観衆の前でプレーできる日を楽しみにしています。

月曜日の寒い朝、いつもより気合を入れて出てきてください。いいスタートを切りましょう。

 

 

コメント

「関関同立」

2017年11月18日 | 14年予備校部

 おはようございます。朝から雨です。今日は近畿大学の公募推薦入試です。11月18日、19日と12月2日3日の前期後期に分かれて試験があります。ここ数年で、近畿大学の大学としての「格」が随分上昇した感があります。「近大は受けたくないな。」という感じから、「なんとか近大は合格したい!」という大学になってきました。

 ペース配分を間違わずに、落ち着いて説いてください。焦る必要は全くありません。自分を信じて自信を持ってマークをしてください。近大の英語は、実力をきちんと判定してくれる良問です。今までの努力をすべてぶつけてください。

 関関同立と言う言葉があります。初めて世に登場したのは、昭和45年。夕陽丘予備校の創立者が名付けたそうです。「京都には、同志社、立命館、兵庫には関西学院があるのに、大阪ではいわゆる名門大学がない。そこで関大を応援するために、ひとくくりにした。」そうです。当時は関西大学は、「ぽん、きん、かん」と言って、日本大学、近畿大学、関西大学をひとくくりにされたりしていました。

 ですから、「関関同立」という言葉でひとくくりにされた時には、他大学、特に同志社が反発したそうです。その後、昭和50年ごろには、すっかり定着してきました。私が高校1年生のころです。その「関関同立」に挑んできたのが近畿大学です。新聞には、「早慶近?」というキャッチフレーズで広告を出したりしています。近畿大学の強みは、他の4大学はいずれも文化系の大学として発達してきていますが、近大は医学部を擁し、理系に強みがあります。日本大学の専門学校が起源で、その後大阪理工科大学から近畿大学となった経緯があります。

 あと20年すれば、ひょっとすると、「関関同立」という言葉を使うのは、「おっさん」だけになってしまうかもしれません。

コメント

月曜日、頑張る!

2017年10月30日 | 14年予備校部

 おはようございます。台風22号。昨日も午前中から雨がよく降りました。ただ、速度が速く、夕方ごろには雨がやみました。今週は、冬らしい気圧配置になって寒くなるみたいです。

 月曜日。雨も上がっています。休むことなく、遅刻をすることなく、全員そろって授業ができることを期待しています。少し気合を入れて月曜日は臨んでください。

 今週末は、マーク式の模試です。予備校部の最後の模試です。全力を尽くして、結果を出しましょう。頑張れ!

コメント

週末雑感

2017年10月02日 | 14年予備校部

  おはようございます。今日は雨模様ですね。一雨ごとに気温が下がってくるそうです。昨日は、午前中にドッグスクールへ。愛犬の狆とのアジリティー入門コースに行ってきました。なかなか難しいコースを設定されても何とか頑張ってできました。11月末に滋賀県で開催される競技会に出てみるように勧められました。うれしいなあ。なんだかワクワクしてきます。

 夕方は、CSテレビで、阪神対巨人と横浜対広島の中継を切り替えながら見ていました。横浜対広島戦。すごい試合でした。3点リードされた横浜は、ウィーランド投手の3ランホームランで同点に追いつきます。ウィーランド選手は、昨日は3打数3安打4打点。野手の打撃で、ホームランを打った時も、うれしそうな顔を一つも見せずに、ダイヤモンドを一周しました。その後、また広島に同点に追いつかれましたが、筒香がライト最上段へホームラン。やはり日本一ホームランが似合う男です。

 阪神は、最終回の巨人の追い上げを何とか振り切り、横浜が逆転勝ちを収めたので、横浜のクライマックスシリーズの進出が決まりました。経営する企業が変わって、横浜球場にたくさんのお客さんが入るようになりました。2連連続のクライマックスシリーズ進出です。

 和歌山の高校野球も大詰めです。智辯和歌山が大差で南陵を下し、箕島が近大新宮との乱打戦を制しベスト4に。昨日は、和歌山東が高野山の追撃を振り切り、日高中津は、最終回に星林に逆転サヨナラでベスト4進出。来週、この4チームの中から近畿大会に出場できる2校が決まります。星林、惜しかったなあ。

 夕方は大学の同窓会支部の役員会。この前中止になった総会の件について話し合いました。充実した週末でした。

コメント