KGセミナー塾長の日記 生徒との日々の生活と高校野球 個人塾型予備校を始めて、36年目になります。

初めての人は、2008年2月26日の「みんなに伝えたい話」を読んで下さい。私がこの仕事をやり続ける支えとなった話です。

関学同窓会支部総会

2019年09月17日 | 

 おはようございます。日曜日は、泉佐野の泉の森ホールで関学関空支部の第18回総会に出席してきました。学校からは、副学長がお見えになっていて、現在の学校の状況を説明してくれていました。今では、入学してくる生徒の半分以上が、女性だそうです。女性の割合がかなり増えました。かつての宝塚ファミリーランドの跡地に、関学小学校を併設し、その小学校が男女共学なので、それに準じて、中学部、高等部の男女共学になりました。かつて、経済学部などでは、クラスに2,3人しか女性がいなかったのですが、今ではすっかり変わっているそうです。

 18回を迎えるこの総会。だんだんと高齢化が押し寄せています。かつては、9つのテーブルを使用していたのですが、今年は6個。我々を引っ張ってきてくれた、団塊の世代の人たちが、だんだんと高齢化。それに伴って同窓会活動も、だんだんと変わってきます。新しい会員の増強、それが大切なのは、わかってはいますが、現役世代は、仕事に追われてなかなか同窓会活動にまで余裕がないのが現状かもしれません。それとかつては、同窓会活動を支えていた、自営業者。それが今の社会では、なかなか昔のように、「羽振り」がよくありません。そこにも原因があるかもしれません。

 しかし、卒業して何年もたってからでも、校歌、「空の翼」を歌えるのは本当にいいものです。

コメント

喉が痛い!

2019年09月10日 | 

 おはようございます。9月になったのに、まだまだ暑いですね。真夏の日差しのようです。毎年、この「梨の出てくる」季節になると、夏の疲れが出てくるのでしょうか。体調がすっきりしません。

 先週末からのどが痛くなりました。週末も疲れて、夜は、テレビを見ようと思っても、9時になる前に寝てしまいました。日曜日は、娘が働いている間に車を半年点検にマツダのディーラーに持って行きました。マツダのかっこいい車をいろいろと見たかったのですが、テーブルについて雑誌を広げると、すぐに眠くなり、1時間、ほぼ熟睡しました。

 しんどい時は、寝るのに限りますね。それにしても、リアルな変な夢ばかりよく見ます。今日は、お昼に元気が出るものを食べて、乗り切ります!

コメント

また逢う日まで

2019年09月02日 | 

 週末に実家に行ってきました。近くを歩いていると、小さいころ同級生たちと遊んだ広場がまだあります。今見てみると、あんなに狭い場所なのに、あの頃は、その小さなところに秘密の場所がいっぱいあったような気がします。

 そういえば、友人の家に行って遊んだりもしました。ある時、友達が台所に行ったと思うと、味付けのりをもみあげに貼り付けて、

 「また逢う日まで~♪ 逢える時まで~♬」

 と歌いながらやってきて、ものすごく面白かったのを思い出しました。小学校6年生の頃です。昭和46年。尾崎紀世彦が歌って大ヒットした曲です。

 塾に戻って、ユーチューブで、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」を聞いてみました。2008年にテレビに出た時の映像です。感動しました。無茶苦茶うまいですね。当時と違った歌い方( フェイクというらしいですが )がまたよくて、なおかつあの声量。マイクはかなり離れた位置。これぞ歌手って感じです。かっこいいなあ。彼が亡くなる4年前の映像です。しばらくいろんな映像を見てしまいました。知らないうちに時間が過ぎてしまっていました。

 このブログを読んでくれている人で、尾崎紀世彦を知っている方。ぜひ一度、見て下さい。きっとしびれると思います。

 

コメント

柔軟!

2019年08月30日 | 

 おはようございます。雨ですね。昨日より気温が少し低くなるようです。9月下旬並みだとか。

 昔から体が硬くて、野球をやっていた時も柔軟体操が大嫌いでした。最近、ジムに通いだして、まずは、身体を柔らかくすることからと、トレーナーと一緒に柔軟をやっています。呼吸法を教えてもらって、吸い込んだ空気を吐き出しながら体を曲げていきます。通い始めて少し経ったときに、

 「以前より少し柔らかくなってきましたね。」

 という誉め言葉を頂きました。もともと褒められると、すごく頑張る方なので(笑)、朝起きた時と、寝るときに、柔軟をするようにしています。すると、だんだんと効果が出てきました。

 やっぱり、「褒められる」うれしくなってきます。きっかけが大切ですね。予備校生たちも同じです。雨の中、頑張って出てきてください。昨日の自分を超えていきましょう!

 

コメント

スーパー銭湯で

2019年08月28日 | 

 夕方、少し時間があったので、岩出の幸の湯へ。平日の昼間は、人も少なく、くつろぐことができます。ぼ~と瞑想にふけったりしながら、いろんなお風呂に入ってきました。出てきて脱衣所のところで、隣で着替えていた人が、私に椅子を差し出してくれました。「ありがとうございます。」とお礼を言って、少し話をしました。

 「平日のお昼に、お風呂に入れるって、最高です。」と私が言うと、

 「そうやねえ、わしらぐらいの年になると、ほんんまに、お風呂が一番よ。」

 「おいくつですか?」

 「85歳よ。」

 「お元気ですね。私の父は、1つ年上です。」

 「嫁と、週に1度、お風呂に来るんよ。お風呂に入ったら、それだけで、いい気分になる。嫁の機嫌もよくなる(笑)」

 「そうですね。本当にそう思います。お風呂に入ったら、嫌なことも、もうええわってなりますもんね。」

 「その通りやで。お父さんや、お母さんに、やさしい言葉、かけてあげてよ。それが一番お親孝行やと思うわ。」

 「ありがとうございます。週に一度、顔を見に行っているんです。何もできませんが、それだけでもいいかなと思って。」

  なんだか、お風呂に入った以上に、心があったまった気分になりました。ありがとうございます。

 

 

 

コメント (3)