年金生活貧乏爺さん放浪記

定年して早8年が経ちました貧乏生活で宮沢賢治の「雨にも負けず」を生活の指針にして老春謳歌していきたい

    

我が家のわんこ

2020年06月27日 | つぶやき

我が家は家族みんなが犬好きということで

   始まりは昭和53年ごろ柴犬を飼ったのがはじまりで

      初代 柴犬 紅(ベニ)

      二代 柴犬 貴(タカ)

        と飼い妻が室内犬を飼うことに

         ダックス黒 キティー

         ダックス茶 チャラ(キィテーの子)

         ペコ パピヨンもどき  保護犬

         アッシュ シュナウザーもどき 保護犬

         

         

          次々と天寿をまっとうし最後にアッシュが旅立った時

           私たち夫婦も高齢の域に入ってことで先に逝くかもしれない無責任で  

          動物を飼うのをやめていました

           そしてしばらくしたときに息子の病が発覚

             8時間に及ぶ大手術の後つえをつき歩けるようになったとき

               息子から 犬飼ってほしい 僕が亡くなったとき二人が寂しいだろうから

               犬を僕だと思って可愛がってほしい

          その時は今の時代ネット情報で自分の病を調べ

            稀少がんで治ることの可能性がないことを私たち以上に知っていた

          一度はあきらめていたペット

           息子の心の癒しになるのであればと 私は近くのペットショップへ直行

            ゲージの中から私を見つめ愛おしい目で見つめている可愛いわんことの出会い

             シュナウザーとマルチーズとのミックス犬   通称 しゅなまる

           と係の女性から説明された この犬だと直感ですぐに息子と妻に写真を送付

            みんながGOOとの意見で予約し翌日受け取ることに

              息子は過去に飼ったわんこにすべて命名

                今回も当然 命名

                   ボブである

                

                

           名前をつけた

           外に出ることを拒んで引きこもり勝ちの息子はボブの出現で屋外に

           出かけたいと希望を持ちリハビリに励み

             杖をつき散歩するまでになった

               

               

               

            息子が投げたボールを咥えては次に投げる催促に

                 微笑む笑顔

             久しぶりに見た満面の笑顔に私は涙した

               たかが犬されど犬 本当に素晴らしいセラピー

             である

               死の間際にも息子の患部に触れないようにそーっと足元に近づいては

               足首を枕に添い寝

                                                                   

                 この姿に息子はどれだけ癒されたかどんな薬よりも素晴らしい癒しという薬

                 まさに一心同体である

               なくなって2週間が過ぎても帰らぬご主人を待ち続けているか

                 走り回っていたやんちゃな性格が180度変わったように元気がない

               主人の死を分かっているのかわからないのかは?ですが

                 時折遺影の前の椅子に上がり写真を見つめている

                     

                 私たち同様いつ悲しみから癒えるかは分からないが

                  息子が言った

                    僕がなくなったらボブを僕と思って可愛がってとの

                  遺言は息子のことを忘れずにボブを可愛がりつつ私たちが

                  ボブに癒されています     

                    ボブありがとう

                          

            

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« がんと闘った息子と妻に「あ... | トップ | ベルトサンダー作ってみました »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事