Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

直前の雨が明暗、恵の雨はブラストワンピースに

2018-12-24 22:19:46 | Weblog
馬場がもっと悪くなれば、キセキの驚異の粘りが現れたかもしれないが、それなりに力のいる馬場で14番枠から出負けして、二ハロン目で足を使わされた事が最後の粘りを欠いた内容となった。秋のJCでのレコードがけからすれば、相当な疲れが残ったと思われたが、好走の部類だろう。三角から四角に早めのスパートをかけてキセキを捉えに行ったブラストワンピースに対しレイデオロのエンジンのかかりが遅く、これがゴール前の僅差に表れている。それにしてもオジョウチョーサンは9着であったが、四角では見せ場たっぷりでよく頑張ったと思う。最後に12/23を足すと=8になりブラストの馬番に一致している。8の勝利馬の印字馬券だったかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« いよいよ有馬記念 逃げが決... | トップ | 有馬記念が終わると気が抜ける »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事