Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

雨予報が現実に、予想は柔軟にを思い知らされた

2018-06-11 22:43:53 | Weblog
東京競馬場はエプソムカップの頃は雨で白く煙る程だった。良馬場前提でダイワギャグニーと思っていたが、急遽変更してハクサンルドルフとしたが、もう一頭は気になるサーブルオールとした。しかし盲点はあった。直線でスマートオーディンがとった進路が全てを物語る。内は荒れて重くて、絶対的に不利になった。つまり馬券の軸は大外のサトノアーサーと道悪巧者のハクサンルドルフとすべきだった。どうしてもサーブルオールから離れられず、結果は4着で万事休す。あれだけ雨が降れば大外が荒れてなくて、結果としてアドバンテージとなった。不利な外枠が有利に働いた。やはり変化に応じて頭は柔軟にを肝に銘じたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 勿体ないレースだったレイホ... | トップ | 思わぬ地震でブログも更新で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事