Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

牝馬の弱点を知り尽くしたデムーロの騎乗

2018-12-18 22:24:50 | Weblog
筋書きのないドラマは競馬に特権的に与えられる表現だ。戦前の予想では圧倒的にグランアレグリアが優勢だった。初の右回り、初輸送、初コースこれだけでも牝馬にとってはネガティブ要素ばかり。結果的には、よく三着に踏ん張ったということだと思う。圧巻は四角を回ってからデムーロが馬体を寄せて、牝馬をひるませて出し抜いた騎乗だ。これで一瞬ひるんだが、ここから大崩れなく三着に踏ん張れたのは凄いポテンシャルがあるということだと思う。今回は過大な期待が膨らみ惜敗したが、挽回の場面はすぐ来ると思う。残念だったのは上り33.9の足を引き出しながら4着に敗れた、ファンタジスタだ。外々を回っただけに条件が好転すれば頭に突き抜ける力はあると思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 切れ味のクロノジェネシスを... | トップ | いよいよ有馬記念 逃げが決... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事