Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

3頭+13頭の 競馬が進行、結果は波乱で終わった

2018-04-16 20:15:20 | Weblog
雨と強風が波乱のにおいを掻き立てていたが、結果も人気馬総倒れの決着となった。勝った、エポカドーロは13頭の先頭をスローペースで逃げていた競馬になった。番手マークのサンリバルが二着で行った行ったの競馬になった。こんな極端な競馬は予測がつかないので結果も想定外だった。有力馬は前を見ながら牽制して結局、足をなし崩しに使わされてしまった。前と後ろの差が二秒近くもあるけいばでは位置取りが後ろのワグネリアンもステルヴィオも届かずで万事休すだった。このレースで目立ったのはジェネラーレウーノだと思う。唯一前に行って競馬をしてしぶとく粘ったのだから、これは次回以降もマークが必要な馬だと思う。オルフェーブルの牡馬がクラッシックを勝ち、不思議なくらいG1でパッとしなかった戸崎騎手が勝った。これで確変状態になるのか、次走が注目だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 足早に桜が去った後の皐月賞 | トップ | 普通に考えれば格上が走ると... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事