Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

次元の違う決めてで桜の女王

2018-04-09 20:25:15 | Weblog
シンザン記念をライブで見た時に、桜花賞はこの馬で決まりかと思ったが、正夢になった。ためるだけためて、一頭だけ次元の違う足で一気に差し切ったアーモンドアイ。底知れぬ強さを感じた。、ロードカナロア産駒のためオークスでの距離不安を指摘されそうだが、重箱の隅をつつくようなものかもしれない。大箱の東京競馬場でのオークスはこの馬にとってはレースがしやすいだろう。狙いのトーセンブレスは残念ながら、4着どまり。一番固いような決着になったが、三着の紐荒れに期待したが届かなかった。オークスまで再度追いかけえるのも手かもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 桜花賞の大注目はアーモンドアイ | トップ | 足早に桜が去った後の皐月賞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事