Fine day

毎日明るく、楽しく、前向きにというメッセージ

勿体ないレースだったレイホーロマンス

2018-06-11 22:36:45 | Weblog
ロスの多い競馬、通ったコースを考えればもっと接戦になっていいレースだった。スタートで少し出遅れ気味で位置取りが悪くなったけど、勝ったアンドリエッテとは同じような位置取りを進んでいた。このままどこに行くのか勝つための騎乗が見えなかった。見えたのは迷いの騎乗だった。結果的に外々を通っても進路は確保できず、とうとう大外をぶん回して追い上げでは着さえ厳しい結果だった。それでも0.7秒差まで追い上げているので、進路取りさえうまくいっていれば結果は違っていたのではと思う。デムーロの神騎乗とは言わないまでも、もう少し腕を上げてほしいなと思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« レインボーラインの引退 | トップ | 雨予報が現実に、予想は柔軟... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事