Key_Kitaの独り映画日記

主に観た映画・ドラマの感想を書いてます。
最新映画だけでなく過去の作品や雑談も少々。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『真夜中のパリでヒャッハー!』(2014年)

2018年01月07日 | 映画(DVD)
この作品は、フランスでヒットした『世界の果てまでヒャッハー!』の前作にあたるお騒がせコメディー。
監督と主演を務めたフィリップ・ラショーの初メガホン作で、社長の子供の子守を引き受けた主人公と仲間たちが巻き起こすドタバタ劇を活写する。
アリス・ダヴィ、ヴァンサン・ドゥサニャら『世界の果てまでヒャッハー!』でもおなじみのメンバーが出演。
ハンディーカメラで映し出される狂騒の一夜が見どころ。


出版社勤務のフランクは社長からの依頼で、自分の誕生パーティーを諦めて一晩だけ子守を引き受ける。社長の屋敷で彼を待ち受けていたのは、チヤホヤされて育ったわがまま息子のレミだった。レミは、自分の父親の部下であるフランクに理不尽な要求ばかりを突き付け…。


以前から気になっていた作品。
といってもタイトルが気になっていただけで、あまりどういう内容なのか知らずに観ましたが、期待以上の面白さでした。
ドタバタコメディだからなのか1時間半くらいでコンパクトにまとめられていてダラダラとしていなくて好印象で内容的には『ハングオーバー』シリーズのようなドタバタでバカバカしさもありながら楽しく面白い作品で続編の『世界の果てまでヒャッハー!』が楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『絶対に笑ってはいけない ア... | トップ | 映画『キングスマン:ゴールデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(DVD)」カテゴリの最新記事