福岡の猫カフェ NEKOCAFE Keurig

福岡初の猫カフェ「Keurig」(キューリグ)のオフィシャルブログ!

ピコちゃんのその後で御座います!

2019-06-27 21:09:37 | Weblog


ご覧ください!この幸せそうなピコちゃんを‼️



前回涙の里親まさご辞退直後、次の里親様希望の方からお声がかかり、トントン拍子でホームステイをしておりました。
そしてつい昨日、めでたく正式譲渡の書類を交わす運びとなりました‼️🎉💕❤️

ゴミ屋敷で飼われていた😱ピコちゃんは、その飼い主さんが急死され、そしてそのオウチも福岡市の処分の対象になってしまい、行き場なくキューリグまでやってきました。
自分ではどうする術もなく怯えきっていたピコちゃんでしたが、どうやらピコちゃんはとても神様の加護がある猫のような、そんな気がしてならなのです。

前回、最初の里親さんにホームステイをお願いした直後、今回の里親様から里親希望のお電話を頂いておりました。が、もう決まってしまった、とお断りしていました。
そのホームステイが失敗してしまい、失意のうちに再募集をかけましたが、早速お電話いただいたのが、今回の里親様でした。

里親様は6年前、雫ちゃんという、コレまたピコちゃんにそっくりなシールポイントの子猫を、何故か八女の山林で、ノミダニだらけの泥んこまみれで保護します。よく行く場所ではなかったのに、本当に今でもなぜ発見できたのか分からないくらい不思議な出会いだったとの事。

そして、今年、大事にしていた雫ちゃんは、何故か突然白血病を発症し、この世を去ってしまいます。
悲しんでいたご夫婦は、何故かいつも見てはいなかったキューリグのブログを見る事になります。そしてそこに映し出されいたのは、雫ちゃんならぬ、ピコちゃんでした!
最初のホームステイに行った後だったのですが、それでもお気持ちがピコちゃんにずーっとあったのか、それとも雫ちゃんが導いてくれたのか、ご主人は再募集のブログを再びリアルタイムなタイミングで見る事になります。
そして再募集開始直後、間髪入れずに里親様希望のお電話を頂きました。

そして、気がついてみれば、雫ちゃん6歳、ピコちゃんも6歳。なんだか余程の御縁があった様にしか思えない、今回の譲渡となりました。

前回の里親様とも、なんだかピコちゃんが繋いでくれた御縁でビジネスを始める事にもなり、まるでピコ神さまが、色んな人の御縁を繋いで回っているかのようで、本当に不思議でした!

青い目の物静かな台風がキューリグを駆け抜けて行ったような、そんな台風一過の後に残された正式譲渡の書類を、とても清々しい気持ちで眺めています。






この記事についてブログを書く
« 里親さま再募集のお知らせで... | トップ | 嬉しいご報告で御座います(≧∀≦) »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事