福岡の猫カフェ NEKOCAFE Keurig

福岡初の猫カフェ「Keurig」(キューリグ)のオフィシャルブログ!

ご報告です(≧∇≦)b

2018-05-14 19:45:59 | Weblog
三毛子猫ちゃんのその後で御座います。
なんと里親さまが決まりました!


5月5日の夕方、落ち着いた若いカップルがみえられ、この子の里親になりたいと申し出てくださいました。

ですが今回は鹿児島で銀行マンをしていらっしゃる彼氏さんの方が一人暮らしでありながら猫を引き取りたいとおっしゃるのです。

毎回、若いカップルや男性お一人暮らしの里親さま希望の方はよほどキチンとされて居る方でない限り、たいがい里親譲渡をお断りします。
今回も例外にもれず最初から不躾な質問をガンガンし、反応をみました。
それでもどんな質問にも真摯な答えが返って来る事と、今飼っているメインクーンの8ヶ月の先住猫の飼育に細心の注意を払っている事が垣間見れ、この人なら大丈夫、と判断致しました。

通常、日祝日の面談はしていません。
お店がごった返してよく話ができないからです。
一旦お帰りになって頂き再度日時を設定し直すのが常ですが、今回は私自身、丁度前半の大忙しのお店を回し終わり、遅番のスタッフが出勤してきた直後だったので、とてもレアなケースですがその場で面談、譲渡OKの流れになりました。

その夜、何時間もかけて里親さん、保護主さんと連絡を取り合い協議を続けた結果、次の日5月6日18時に大名店でお手渡ししましょう、と言うことになりました。
私の勘違いで実は保護主さんは、医療機関にお勤めの男性(^^;;でした。
彼女さんと一緒に保護されたのだそうです。

10年前までは、猫を保護する=猫好きおばちゃん、的なイメージが強かったのですが、最近は若い男性も増えて来たなぁ、とすごく思います。(^-^)v

そして翌日18時、初対面の保護主さんと里親さんは、お会いした時から意気投合した感じで、お二人で玄関先にこもり、ミルクの与え方や排泄物の処理の仕方を和やかに伝授してもらっていました。
そして、運びきれない程のミルクも持参してくださり、そしてそれをまたスポーツマンらしき里親さんは軽々と持ち上げ、このくらいだったら大丈夫です!と重い荷物と子猫を大事そうに抱え、鹿児島に帰って行きました。


そしてご自宅にて、ケージ越しに対面させた画像から二匹が喜んでいるのが感じられました。
動画でもメインクーンお兄ちゃんは、シャーッなんて言わず、とても賢く優しく子猫を見守り、子猫ちゃんの方も一生懸命お兄ちゃんを覗き込んで居ました。きっと仲良しになれると思います。


まだまだ今から二匹一緒に駆虫したり検査したり、色んなハードルがたくさんありますが、サポートして行きたいです。

良かったなぁと胸をなでおろす野村でした。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 仔猫の里親様募集です | トップ | 緊急報告‼️本日ハチャがホー... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事