<彫刻家>大河原タカノリの作品集・彫刻・絵画美術館

新制作展彫刻家/元新構造展会員/日展彫刻家画家大河原隆則の作品・クンストインハイデルブルク賞クリスチャン日本彫刻家

【自伝】4

2023-03-21 | 日記

虐待をしていたのは、父親ですが

母は、そんな暴力的で怒鳴り散らし

何でも命令的な父親を恐れていたようです。

そんな中でも、楽しみはあって

近所の仲良くなった友達と、

かくれんぼや鬼ごっこ、めんこ等で

晴れた日は、遊び。

雨の日は、主に、家で粘土で遊んでいた。

4~6歳は、油土だったけれど、その後は

ゴム粘土にはまっていた。

人や、変身物のキャラクターを真似て

作っていた。

動物には、あまり興味は、無かった。

色がついていて、混ぜると絵の具のように

色が変化するものだった。


コメントを投稿