I Love Nature

自然の中で見つけたステキなモノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手紙

2008年09月03日 | いろんなお話

昔はよく手紙を書いていた。携帯電話が無かった頃は、遠くに住む友人や家族との連絡手段は家の電話か手紙しかなかったからだ。毎日家のポストをのぞいて、その中に自分宛の手紙が入っていると、それがどんなに寒い冬の日でも、私の心はぽかぽかと温かくなった。初めて一人暮らしをした学生時代は特に嬉しかった。家に入って封を切るときのあのドキドキ感。あの感覚はほんとうにたまらない。中身は家族からの励ましの手紙だったり、友人からの近況報告だったり、時には恋人からの切ない内容だったりするのだが、そのどれもから手紙を書いた人の心が伝わってくる。それぞれの筆跡がその人の温かみを帯びて自分に語りかけてくる。捨てさえしなければ後から読み返す度にその時の思い出を蘇らせてくれるのも手紙の魅力の一つだ。そんな宝物のような手紙がうちには山ほどある。

携帯電話が普及し始めてからというもの、ほとんど手紙が来なくなった。それに比例するように、私自身もあまり手紙を書かなくなった。もともと文章を書くのが苦手だった私は、手紙を書くのがあまり得意ではなかったし、自分の字もあまり好きではなかったから、自分から手紙を書く機会もめっきり減ってしまった。自分に余裕が無くてせっかく友人がくれた手紙に返事を書かなかったこともあるし、何度も推敲している間に時間が経ちすぎてしまって、出さなかった手紙もたくさんある。いつの間にか筆不精になってしまった自分がなんだか寂しかった。

でも今は大切な人に感謝の気持ちを伝えたいときはなるべく手紙を書くようにしている。その時に一緒に撮った写真があれば、写真も添えて手紙と一緒に送るようにしている。相変わらず字もあまりきれいではないし、文章もへたくそだったりするのだが、私が昔手紙をもらって嬉しかったように、きっともらった人も喜びを感じてくれるのではないかという期待を込めて、つたない文章でもその時の気持ちが薄れないうちになるべく早く郵便ポストに投函するようにしている。相手の人に自分のありのままの気持ちが少しでも多く伝わるように。

今日も手紙を書いた。相手は屋久島でお世話になったガイドの寺田さん。ちょっと遅くなってしまったけど、出さないよりはずっといい!と自分に言い聞かせて、屋久島で撮った写真と一緒に今日投函しようと思います。

さて、今度は誰に手紙を書こうかな

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« センニンソウ(仙人草) | トップ | タマスダレ(玉簾) »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sachiko*)
2008-09-03 22:52:00
私も手紙好きの一人です。
手紙って、メールと違って書いた後に簡単に
消せないから、正直に、でもしっかり考えて
言葉を選んで書くから好きです。
そういう手紙をもらうと、あったかくなるよね。
毎年卒業式の日には、一通ずつ手紙を書くよ。
大変だけど、書いてる時間は充実した時間になります。
手紙っていいよね、ホントに。
さすが! (kero-kero)
2008-09-04 14:25:49
>sachiko*ちゃん
「正直に、でもしっかり考えて言葉を選んで書く」
手紙って本当にそういうものだよね。
絶対に適当には書けないもんね、手紙って。
だからこそ心が伝わるのかも知れないね。
さっちゃんの生徒さん達は幸せだね!
大切な卒業式にそんな心のこもった手紙をもらえるんだから。
さっちゃんの手紙は何よりもステキな卒業祝いだと思うよ
手紙 (tami)
2008-09-07 13:56:24
学校で働いているとね、子供同士の手紙には
敏感になるんだ。
手紙は心温まるものであると同時に
口で言うより人を傷つけている意識がうすい
という感覚もあるみたい。そして、
名前も書かずに相手に届けて傷つけたり・・・。悲しいよね。
でも、私はよく女の子同士が授業中でも回していた小手紙を、中学くらいから捨てられずに
取ってるな。たぶん今でもどこかにしまったある。そんな手紙に私はずいぶん救われたし、
誰かの力になりたいと思って書いたものだから。kerokeroの手紙にもいつも助けられてましたよ!こないだもありがとう。
さっちゃんの心を私も見習います。
そうだね (kero-kero)
2008-09-08 12:21:16
>tami
手紙には人を悲しませるような手紙もあるんだよね。昔不幸の手紙とか、何人以上に回さないと不幸になるメールとかあったよね。ああいうの大嫌いで、全部自分のところで止めてたっけ。だからと言って不幸なことが起きた事は一度も無かった。まぁ当然と言えば当然のことなんだけどね。

子どもの頃って善悪の判断がなかなかできないから、そういうことをしたりするんだろうね。自分が傷つけられる立場になってみないと、相手の人がその手紙を受け取った時どう思うかなんて感じられなかったりもするしね。だからこそ、小学校の道徳教育って大切なのかもしれないね。

私達が回してた小さな手紙は、お互いの持つ悩みを共有したり、解決しようとしたりするためのものだったような気がするな。tamiの手紙に私も何度も助けられたよ。でももしかしたらその中には誰かの悪口も入っていたかも知れない。もしそうだとしたら、その時の自分に私はこう言いたいな。「手紙は人を傷つけるためのものではなく、大切な人に自分の思いを伝えたり、感謝の気持ちを伝えたり、人を励ますためにあるものなんだよ」って。

きれいな言葉には言霊が宿っていて、その言葉を受け取った人に幸せをもたらすって聞いた事があるよ。そんな言葉がたくさんつまった手紙を書けるようになれたらいいな。私もtami同様さっちゃんの心を見習いたいと思います。
Unknown (流れ星)
2008-11-09 19:47:05
私は最近とても大切な人に手紙を書きました。筆無精な私は十分な表現ができず読んでくれた大切な人にどれだけ想いが伝わっているのか不安になっています。実は手紙は今回渡したものだけでなく、何度も何度も、その時その時の想いを書いていましたが、渡すことができずに書いては捨て書いては捨てを繰り返し、ようやく今回渡すことが出来ました。しかし、事情があって時間がないなかで書いた手紙であったので字は間違えるは変な表現を使ったりと・・・。改めて自分の語学力と表現力の乏しさを痛感しています。願わくば大切な人に少しでも私の気持が伝わることを願ってます。変な書き込みですみません。これからもブログを楽しみにしています。頑張ってください。
大丈夫ですよ! (kero-kero)
2008-11-10 20:17:35
手紙ってありのままの気持ちを自分の言葉で素直に書くことが一番大切だと思います。たとえ語彙力や表現力が乏しくても、それほどの想いを手紙に込め、それを言葉にできたのなら、流れ星さんの気持ちはきっと相手の方に伝わっているはずです。それに流れ星さんのコメントから察するに、あなたの表現力は決して乏しいとは思えません。私の方が見習いたいくらいです。いつも私の拙い文章で綴られたブログを読んでくださってありがとうございます。これからもその時々に私が感じたことや思ったことなどをこのブログに綴っていきたいと思いますので、どうか末永くご愛読ください!

コメントを投稿

いろんなお話」カテゴリの最新記事