I Love Nature

自然の中で見つけたステキなモノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノゲイトウ(野鶏頭)

2008年09月10日 | 植物のお話

鬼岳の農道をドライブしていると、道路脇にめずらしい花がたくさん咲いているのに気が付きました。車を降りて近づいてみると、茎の先端に見たことのない小動物のしっぽのようなものが一つずつくっついています。 なんじゃこりゃ~!?

 

          

色は全体に白っぽくて少しピンクに色づいている程度。この時点ではまだ何の花か分かりませんでした。

          

数日経ってからまた同じ道を車で走っていると、前回見たときにはまだ白に近かった花の真ん中から先端にかけてすっかりピンク色になっていることに気が付きました。これってなんかの花に似てるなー。もしかしてケイトウ(鶏頭)?と思って調べてみると、どうやらこれはヒユ科のノゲイトウ(野鶏頭)で、熱帯アジアの帰化植物なのだそうです。今はまだ薄いピンク色ですが、これからもっと色が濃くなっていくようです。

          

よくよく観察してみると、しっぽのように見えていたのは小さな花の塊で、その一つ一つからやはりピンク色の雌しべや雄しべやがチラチラと顔をのぞかせていました。近くで見てもとても愛らしい花です。しかしノゲイトウなんて花が存在するとは全く知らなかったな。今まで園芸品種のケイトウしか見たことがなかったけど、野生のケイトウも品があってステキだなと思いました。最終的にはどんな色になるのか、もう少し観察を続けてみたいと思います

コメント   この記事についてブログを書く
« ニラ(韮) | トップ | 五島の空に浮かぶ謎の飛行物体 »

コメントを投稿

植物のお話」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事