さゆりのひとり言-多発性骨髄腫と共に-

多発性骨髄腫歴15年/'08年4月臍帯血移植/「病気は個性」時にコケながらも前向きに/はまっこ代表/看護師/NPO所属

かながわ血液がんフォーラム終了

2019年11月14日 11時18分00秒 | MM闘病記
11月9日(金)かながわ血液がんフォーラムを開催しました。
今回はNPO法人キャンサーネットジャパン主催、神奈川県、一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン、はまっこ(多発性骨髄腫患者・家族の交流会)の共催で開催しました。
参加者は433名、多発性骨髄腫のセッションは参加者が最も多く、200名近くの参加がありました。
登壇者は、はまっこではもうお馴染みの横浜市立市民病院の仲里朝周先生と神奈川県立がんセンターの高橋寛行先生。
骨髄腫の基礎、移植適応・非適応の治療についてご説明頂きQ&Aセッションをしました。

それから、別の会場で骨髄腫の患者さんに体験談をお話し頂き、その後はQ&Aセッションもしました。
それ以外にもお金や生活についてのセッションがあったり、展示ブースでは、患者会や血液センター、クリーンルームの模型を展示してあったり、アロマケアをしてくれたり。
共催ならではの事も出来ました。

ただ、運営するのがかなり大変で、交流の場を作れなかったのは残念だったところ。せっかく、新聞記事にして頂いたり、はまっこだけでは周知できなかった方々にお越しいただく機会になったので、交流会もしたかったな。
来年の5月には散歩&ランチ会を開催しますが、それまで待てない!という方が多いようでしたら、ミニランチ会をしましょうね。

また、多くの方々からアンケートでのコメントを頂きました。ありがとうございます。こちらへもコメントしていただけると助かります。
どうぞ宜しくお願いします。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 11月9日かながわ血液がんフォ... | トップ | 2019/12/12 多発性骨髄腫患者... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (川端英芽)
2019-11-15 18:20:36
こんばんは、お仕事お疲れ様です。
フォーラムは、私、夕方の別の会場には、出席してなかったんです、プログラム見落としてたみたいです。残念🙍‍♀️、移植後の食べ物の事とか聞きたかったです。いつ頃から、生物とか食べれるのか、半年経過しても、すぐに、腹痛不消化便になったりで、大変です、医師に相談しても、ちゃんとした返答はなく、やって砕けろみたいな感じに言われました。
私も、仕事につけるようになりたい!
気持ちはあるものの、なかなか、うまくいきません。
入院に関しては、アドバイスありがとうございます😊

コメントを投稿

MM闘病記」カテゴリの最新記事