さゆりのひとり言-多発性骨髄腫と共に-

多発性骨髄腫歴15年/'08年4月臍帯血移植/「病気は個性」時にコケながらも前向きに/はまっこ代表/看護師/NPO所属

2019/12/12 多発性骨髄腫患者インタビュー公開

2019年12月12日 21時30分00秒 | MM闘病記
宮川花子さんが多発性骨髄腫で闘病されているのを公表され、注目されていますね。
多発性骨髄腫は、主な血液がんといえば白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫というのが知っている人の間では当たり前の事なのですが、メディアの方が「多発性骨肉腫」についてと言って問い合わせてこられるくらい、病名すら知られていないのが現実です。
注目されるタイミングは、正しく知ってもらうタイミングでもあると最近思います。

とは言え、今日はたまたま公開した多発性骨髄腫患者さんへのインタビュー動画をご紹介したいと思います。
とても素直な気持ちをお話しいただいていると感じるのは、インタビューしているのは私で、お話しいただいているのは、はまっこでも長年スタッフとして運営してくれているからでしょうか。
診断、治療開始して間もない患者さんにとっては、先輩患者さんの姿を見る事はとても励まされます。
是非、ご覧下さい。

コメント   この記事についてブログを書く
« かながわ血液がんフォーラム終了 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

MM闘病記」カテゴリの最新記事