さゆりのひとり言-多発性骨髄腫と共に-

多発性骨髄腫歴13年目の現役ナース。入院9回'08年4月臍帯血移植。「病気は個性」と時にコケながら前向きに生きています。

多発性骨髄腫横浜セミナー開催報告

2018年12月06日 09時39分37秒 | MM闘病記
11月23日に多発性骨髄腫横浜セミナーを開催致しました。
参加者は105名、スタッフ5名、登壇者4名の114名でした。

今回は検査の話や口腔ケアの話を盛り込み、充実した内容となりました。私もそうですが、分かっていても改めて口腔ケアのお話しを聞くと、日頃のお手入れの質が上がりますね。
検査の話も、治療中に見ている検査の内容に焦点を当てて話を聞く機会はあまりないので、参加者の満足度も高いものになりました。

口腔ケア、感染予防に関しては、サンスターさんやA2careさんより、試供品のお土産もありました。これから、感染に関してはより一層注意したい時期に嬉しいお土産になりました。

患者さんの体験談はやはり、とてもニーズがありますね。
とても明るく前向きに生きていらっしゃる姿にみんながエネルギーをもらいました。
今回は時間の関係でお話し頂いたのは、お一人でしたが、引き続き取り入れたいと思いました。

骨髄腫のお話しは今井陽一先生から。とてもわかりやすいスライドと説明、また、研究施設だからこその最新情報など、内容は充実していました。

ご登壇頂いた先生方と。

ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。
ボランティアでお手伝い下さいました皆様、ありがとうございました。
いつも温かい雰囲気の会になるのも、皆さまのおかげです。
ご寄付もありがとうございました。

今年は、神奈川県内の血液内科のあるがん診療連携拠点病院にご案内のフライヤーを送りました。これらの印刷や送料などは、皆さまからのご寄付より使わせていただきました。
それにより、なかなか情報が届かない患者さんからの申し込みもあり、とても良い機会になったと思います。
ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 多発性骨髄腫横浜セミナー明... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

MM闘病記」カテゴリの最新記事