シロクマ日和 ~ A Perfect Day for Polar Bear ~
今日もシロクマ日和な一日でありますように
 



京都市動物園のホッキョクグマ、ポール

34歳の春は厳しいのです。
今日は一日中寝室側だったようですが
後ろ足の出血は止まらず寝室は床一面真っ赤でした。



口元の血は手を舐めたから・・・決してご飯を貰ったからではありません



出血は多かったけど思ったより元気だったかな・・・
本来なら展示なんてできないような状況(出血)でしたが
隔離することができないのでしょうね。

大丈夫。まだまだ長生きしそうだ・・・と思って帰ってきました。お大事に
京都市動物園のみなさん、よろしくお願いします。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )


待機  


男鹿水族館(GAO)のホッキョクグマ、豪太

おやつが落とされてくるのが分かっているので待機なのです。



おじちゃんはくれないの?



ちなみにおやつは両サイドにあるこういう筒から落とされたり、真ん中にある
高い位置の同じような投入口から落とされます。
この筒は途中で曲がっているので上から覗いても残念ながら
豪太が口をあけて待っていても、その口は見られません。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




八木山動物公園のホッキョクグマ、カイ

泥んこまではいかないですが。ちょっと汚れたカイなのです。



汚れても可愛いカイなのですが



行倒れのように、こういう格好をすると
チョイ悪っぽく見えるのです。



コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




八木山動物公園のホッキョクグマ、ポーラ

オヤツタイムの〆はリンゴです。
ガラス沿いにリンゴがあればガラスに押付けるようにして食べます。
仙台のちびっ子たち(人間ですよ)は良い子揃いでガラスに
手を伸ばすことも無かったのです。ちょっとガラスに映り
こんじゃいましたけど・・・

王子ではそうはいかないのです。リンゴなんてあげないですけどね。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




八木山動物公園のホッキョクグマ、カイ

カイのオヤツタイムは午前中。
この日は11時半でしたけど何時にあるかは確定ではありません。
ずーっと「まったり」だと思って油断をするとあっと言う間に
終わってしまうので注意です。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




八木山動物公園のホッキョクグマ、ポーラ

ガラスの前まで氷を咥えてやってきたポーラ

可愛いのですが・・・



一変、お怒りで?



歯痛ですかね?
それとも暑かったですかね?



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




八木山動物公園のホッキョクグマ、ポーラ

この日は13:01にカイと交代で登場でした。



出てきて運動場をすぐに運動場の凍って出来た雪の塊の氷を剥ぎ取ります



小さく?割って咥えます



横から強引に見ればハートマークの氷なのです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




男鹿水族館(GAO)のホッキョクグマ、豪太

男鹿は日本海側ですが海岸沿いなので雪は少ないのだそうです。
なので私が残っていたと思った雪は人工雪だったのです。

人工雪でも・・・



スリスリ・・・



なんとも心地良さそうで・・・



あ・・・どうも今日はホワイト豪太です。
(人工ですが雪があったのでブラック豪太はこの日は非番でした)



コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




男鹿水族館(GAO)のホッキョクグマ、豪太

人工降雪機で降らせた雪(氷)ですが豪太はとっても気持ち良さそうに
滑っていったのでした・・・





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




王子動物園のホッキョクグマ、日曜日はみゆきの番

今日は「大人のための動物園講座」に行ってきました。
内容は~動物死体を文化のために蘇らせる~
というちょっと解剖写真もあったりの・・・でも参加した動物園講座の
中では初めて「大人のための・・・」にふさわしい内容でした。

で、それとは関係なく朝一番にホッキョクグマ舎に行くと
いつもみゆきが寝ているはずの定位置に姿が見えない・・・
やっぱりアイスかな?と思って運動場のプール際を見ても見当たらず
寝室を覗きに行くとアイスの部屋はもぬけの殻。裏か?とか探すもいない・・・
で・・・よくよく見ると、岩の上で行倒れ・・・・
朝の9:02からその姿かい!
朝一からその場所とは・・・思いもしませんでした。



さてなぜみゆきとアイスの出番が入れ替わったのか知りませんが
アイスは元気そうだったので何よりです。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ