健三パワー

日々のパワフルな出来事を!

データ

2019年10月18日 | スポーツ

(ワールドカップラグビー日本大会)

 

いよいよ!明後日、

 

 

ベスト8!南アフリカ戦ですね。

 

スクラムは精密機械のように組んで

大丈夫でしょう!

セットプレイは、ラインアウト課題ですね。

 

 

 

 

なんといっても

勝つためには、ディフェンス!タックル!です!

 

 

今回(2019年)の躍進!

一体、2015年とどこが進化しているのか、

予選プール(4試合)のデータ比較をみ

たのですが。

 

 

2015年     2019年 

〇タックル成功

85.9%☞91.5%(5.6%

〇タックルの場所

脚 16.8%☞3%(13.8%

胸 40.5%☞58.2%(17.7%

これによって被オフロードパスを半減できている

 

 

〇キャリー距離(1試合)

600m☞751.8m(151.8m

1cmでも、1mでも前へ!の意識がすごい!ですよね

 

〇外への展開

8%☞20%(12%

松島選手、福岡選手の活躍!でこれは納得!ですね

 (ラグビーも今はなんでもデータなので比較楽しいですよね。

ご存知の方も多いと思いますが、選手(ユニフォーム)にGPSが

ついているんですよね。)

 

 

 

これを実行できれば南アフリカ戦大丈夫!ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 札幌 | トップ | イタリアン② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ」カテゴリの最新記事