健三パワー

牧野スポーツクラブ・星田ふれあいクラブ統括日記&パワフルな内容&熱い選手育成&美味しそうなグルメなど!

カラダを元気にする野菜④

2005年10月07日 | 栄       養
           「ネ  ギ」

冷えたカラダを温める
  ねぎの香り成分であるアリシンは、アドレナリンの分泌を促進します。体内では、有酸素運動と同様に、なんと体脂肪の燃焼を促進させてくれるのです。また、薬効成分も含んでいますので体温を上昇させてくれます。血行促進、風邪の予防には、もってこいです。
肩こり、腰痛の症状を緩和
  ネギをきざむと目にしみますが、その成分は、硫化アリルというもので、この刺激臭は、体内で硫酸を作って解毒作用を促し、神経鎮痛剤として肩こりや腰痛などの症状を緩和してくれます。風邪の時で、のどが痛い時などにも使用するといいみたいです。また、抗菌作用があるので、切り傷や火傷の治癒を早めるのにも役立ちます。これから寒くなってきます。ネギを利用した料理がお勧めです!
コメント

カラダを元気にする野菜③

2005年09月27日 | 栄       養
    
                「オ ク ラ」

 オクラの特徴は、なんといってもネバネバな所ですが、この正体は、ムチン・ペクチンです。ムチンは、糖タンパク質で、タンパク質の消化と吸収を助ける作用があります。また、粘膜に付着して保護する働きがあるので、胃の粘膜を丈夫にし、胃炎や胃潰瘍の予防に効果的です。ペクチンは、水溶性食物繊維で、コレステロールを減らしたり、血糖値の上昇を抑えます。また、大腸の蠕動運動を活発にしますので、便秘改善にも役立ちます!この他にビタミンも豊富です!
コメント

カラダを元気にする野菜②

2005年09月21日 | 栄       養
               「さつまいも」

 さつまいもは、食物繊維を多く含んでおり腸の働き(蠕動運動)を活発にして便通を高めるので便秘解消になります。また、ビタミンが豊富で、エネルギーの供給や老廃物の回収、神経正常に保つなど、元気で働くための重要な役割をするビタミンB1・B2・B6を多く含み、女性には嬉しい美肌形成効果があるビタミンCもみかんに匹敵する量を含んでいます。またまた、ビタミンEも多く高血圧予防にも力を発揮します。
コメント

カラダを元気にする野菜①

2005年09月12日 | 栄       養
 栄養アドバイスのコーナーを新設します。(ネタがない時の逃げ道で!)「からだを元気にする野菜」の紹介です。
 記念すべき第1回は私も大好きな「なす」です。
なす独特の色紫紺は「ナスニン」という色素で強い抗酸化作用があります。悪玉コレステロールが血管壁に付着するのを防ぎ、活性酸素を抑えてくれます。一番いいのは、ガン抑制効果が高い事です。なんと野菜の中でトップです。これまた、すごいのはその効果が調理方法によって変わらない所です。(これは魅力)これを聞いたら「なす」を食べようと思うでしょう!第2回は?です。

写真は、内容と関係ないですが里見コーチのナイスキャッチ
コメント

グルタミン!

2005年05月28日 | 栄       養
 今日は、少し栄養面からアドバイス!ここ数年、アミノ酸ブームでスポーツ選手以外でもアミノ酸をすすんで飲む時代になりました。その中で、特に必要なのが必須アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン・リジン・スレオニン・メチオニン・フェニルアラニン・トリプトファン・ヒスチジン)といわれるものです。なぜかというと、体内で合成できないため必要量を補うしかないからです。それを摂らないといけないです。というとそんなん当たり前といわれるのは目にみえてますので、今日紹介するのは「グルタミン」です。私もラグビーの選手時代は、これをサプリメントで摂取していました。(その当時では活気的な事ですよ~)そのグルタミンですが、必須アミノ酸には入っていないのですが、実は隠れ必須アミノ酸です。グルタミンは筋肉のトレーニングで損傷された筋組織を再合成するときの修復時の補助をします。(わかるかなぁ~?)だから不足すると追いつかなくなります。ハードトレーニング時期は特に必要です!最近は、ドラッグストアなどでもグルタミンは売っていると思います。ちなみに私が飲んでいる時は、あまり売ってなかったので、外国産を飲んでいました。(正直外国産は恐かったです。)

 写真は、太田コーチと昨日で育成コース引退したまさよ!(お疲れ様!また、高校生になったらふれあいクラブ会員で来て下さい。中学生生活楽しんで下さい。)
 

 
コメント