kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

お孫チャン連れミニキャラバン 2日目

2018-04-17 13:52:26 |  中日本

<雨も上がり青空が覗きます>

日帰り温泉で入浴、夕食を済ませ外に出て見ますと、土砂降りの雨です。

これはお孫チャン達が濡れると思い、コルドバンクスを玄関前に横付けしました。

 

その後、今夜のP泊ポイント、「道の駅 瀬戸しなの」に移動します。

我が男子お孫チャンは、昼間のお昼寝効果で目が冴え眠気が来ないようです。

それに引き換え、お姉ちゃんは午前中の運動、体験物の活躍から9時前には就寝です。

前回のお孫チャン連れミニキャラバンで、まず眠らせて貰えない事が分かっていましたから、男子お孫チャンにばーばと寝てと言いますと、「じぃーじと寝る」と言い聞きません。

もう~~べそまでかき始めますので、仕方無くじゃ~~一緒に寝ようかと成りました。

 (*^_^*)(@_@;)

 

我が男子お孫チャンは、寝像が悪く、暴れ回りその上、じぃーじの顔とか耳を触るのです。

その度に目が覚めるわ、布団は蹴飛ばすわ、最後の留めは「オシコ」と来ますから参ります。

まぁ~寝像が悪いのは、じぃーじ譲りと言う声も有るのですが・・・・

 

外は雨降りですから、マルチルームのトイレ使用で助かりますが、バンクベッドの登り降りで完全に目が覚めます。

更に早寝しました、お姉ちゃんは朝5時半には起床し、「オシッコ」と留めを刺されました。

(@_@;)

もう~~、しぶしぶ起きるしか有りません。

朝5時半起きは、ここ最近記憶に有りません。

(@_@;)

 

お孫チャンに頼りにされるのは、嬉しいやら、時には困るやら・・・・・

 

朝も雨が降り続いています。

プランナーとしましては、雨を予想し室内のイベントを用意しているのです。

 

ご存じトヨタ博物館!

到着頃には雨もほぼ上がった状況です。

 

ここはシルバー料金設定が有りますので、65歳以上の方は500円で入場可能です。

綺麗なコンパニオンの方に迎えられ入場します。

 

お孫チャンに説明しょうと思うのですが、「早く、早く」と言いますので、自由に見学させました。

 

じぃーじは、ゆっくりと「ピアス アローシリーズ36」を眺めます。

アメリカ製の高級車で、ホワイトレタータイヤもさる事ながら、前後輪の中央の一番乗り心地が良い位置にショーファーシートが設定されています。

ご主人様のシートは後輪の真上なのです。

シートはふっかふっかで乗り心地は良さそうですが、後輪の真上では突き上げがモロに来ますね。

(@_@;)

一世風靡しました、スズキ フロンテ。

今見ましても、小さなボデーが綺麗にまとまりウインドウも大きく、存在感も有ります。

スズキの基礎を築いた車ですね。

次にホンダ N360。

当時の軽四の中でも大ぶりなボデーで、室内空間の大きさと走りの良さが売りでした。

小生の2番目の車が、N360でしたね。

ボロボロのN360で九州まで行き何とか故障も無く、帰って来れた事は良い思い出ですね。

 

やはり、ジャガーは何時見ても良い味を醸し出します。

ロングノーズ、ショートデッキの見本ですね。

レクサス LFA。

トヨタの総力を挙げたスポーツカーですね。

排気音等の音のチューニングには、ヤマハの技術が使われたとか。

男子お孫チャンの興味は、ミニカーのようです。

レストランが混むと予想し、早目のランチとしましたが、外注レストランなのでしょうか?

待たせたあげく、冷めた料理が出て来て、ナイフは肉が切れない代物!

世界のトヨタとも思えない、最悪店長?の接客とここでも留めを刺されました。

トヨタ博物館の名前が泣きそうですから、トヨタ式改善を期待したいものです。

今では世界中から、お客様が見えているようですから、こんなレストランにもおもてなしの心は忘れて欲しく無いものです。

 

ランチ後も更に展示車輛に見とれます。

実を言いますと、小生は今回で2度目なのです。

展示車輛の入れ替えも有り、車好きにはたまらない世界ですね。

 

キャデラック シリーズ452A。

エンジンは水冷V型 16気筒 OHV 7407ccだそうです。

それにしても、このラジエターマスコットはどうでしょうか?

3輪車のモーガンです。

この様にエンジン丸出し車輛は良く見えて良いのですが、他の展示車のエンジンルームが見える展示が有っても良いのではないかと思うのですが・・・

イギリスのベントレーです。

見るだけでジョンブル魂が彷彿されます。

じぃーじが一生懸命見ている間に、お孫チャン達はスタンプラリーで頂いた紙細工のパトカー製作をしていました。

最後にお土産品売り場で、ミニカーを買い満足したようです。

 

外に出ますと、雨も上がり青空が覗いています。

トヨタ博物館は、9時半開場ですが30分以上前に到着し待つ位でしたから、まだまだ時間は余っています。

 

 

う~~~ん、ここはプランナーの腕を見せなければ!

ネット検索しますと、長久手ですから近くに愛地球博公園が有るのです。

そこには、「サツキとメイの家」が有り、今では当日券も出来たようです。

駐車場料金 500円也。

入園料は無料です。

総合案内所で聞きますと、運良く待ち時間 6分でバスが出るそうです。

 

バスから降りますと、ダッシュで当日券販売所に走りました。

久しぶりに走りますと、足が上がらない事に気づかされるのですが、ジム通い効果かそれでも走れました。

大人 510円  子供 250円で15:00からの入場組と成りました。

 

それまでの時間潰しに、展望台まで歩き遠くから「サツキとメイの家」を眺めました。

一時は総て予約券が必要なほどの人気でした。

どうやら、トトロの森、草むらは無く、家の前には池が有ります。

時間が来ますと、説明が有りサツキとメイちゃんのお母さんも退院し、お母さんの品物も有るから見て下さいとの事です。

ここからは、二組に分かれ室内、室外と時間を区切り見学します。

尚、まっくろくろすけが出る二階には上がれませんでした。

(@_@;)

 

お孫チャン達は、案外わくわくドキドキしているようです。

お父さんの書斎が有る洋館部ですね。

室内からの見学でしたが、小生位の年代ですと昭和30年代の家庭を知っている身には、大した感動も無しと言う所です。

しかし、和室の畳敷きの6畳間は、何故か落ち着きました。

縁側に座り記念撮影もしてくれます。

カメラ持参された方が良いでしょう。

 

お孫チャン達は、まっくろくろすけを探しています。

最後には少々時間が余り、見学が終わりますと自由解散にして欲しい気分でした。

 

帰りは公園を歩き横断します。

途中には八重桜が満開でした。

チューリップ、アヤメ、パンジーも満開です。

公園が大きく道に迷いそうでしたが、遠くにリニモ駅が見え良い目標物と成りました。

まぁ~少々、Googlマップのお力も借りましたが・・・・

駐車場付近まで来ますと、お姉ちゃんが四ッ葉のクローバーを見つけました。

(*^_^*)

また、何か良い事がありそうです。

コルドバンクスまで帰り着きますと、冷蔵庫で冷えたジュース、お菓子を食べ小休憩しました。

こんな休憩が気楽に出来るのも、キャンカーならではでしょうか?

 

こうして、苦も有り、楽も有る楽しいミニキャラバンは終了しました。

 

まぁ~~暫くは、じぃーじは充電期間が必要なようですね。

(*^_^*)

ジャンル:
ドライブ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お孫チャン連れミニキャラバン | トップ | 百均品質に弱点?! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは😺 (cor1122)
2018-04-17 19:24:22
今日は徳島は肌寒く夕方から少し雨-----。

今度はビルダー製作部の溶接部分を磨き、ラッカースプレー黒でサビ止めを施したいなと考えてます😄、その折はまたアドバイスお願い致しますm(__)m

孫は来てくれてうれしい😺、帰ると、もっとうれしい ときみまろが言ってます

孫の相手も体力勝負です。わか
続きます (cor1122)
2018-04-17 19:27:23
我が家も、同じようでーす(^^;。
cor1122さん (kenyじぃーじ)
2018-04-18 10:53:41
 キャンカー足廻り、床下廻りの防錆塗装をされるのですね。
それは、長く気持ちよく乗るには良い事ですね。

ホントお孫チャンは可愛いからこそ、色々な試練にも耐えられるのでしょうね。
まぁ~~確かに帰りますとホットともしますが・・・・
何処も同じようですね。

コメントを投稿

 中日本」カテゴリの最新記事