kenyのキャンピングカーライフ!

キャンピングカー遍歴からの楽しみ、苦しみ、整備などに付いて思い付くまま綴ります。何かの参考に成れば幸いです。

エアコンフィルター清掃

2018-07-09 11:54:40 |  エアコン

<驚きのエアコンフィルター>

西日本の豪雨は、思いもしない災害をもたらしたようです。

50年に一度の豪雨との事ですが、毎年日本の各地で発生するようでは、50年に一度、100年に一度とはもはや言えないと思われます。

河川管理は、全国一律に100年に一度の豪雨にも耐え得る整備が求められるのでしょう。

毎年、100人を超える死亡者が発生している現実を直視する必要が有ります。

想定外とは言わせません!

河川、海岸への小道に鎖を張り巡らす無駄金が有るなら、河川の氾濫対策に使うべきと考えます。

無駄金すら無いKenyは、せっせと予防保全に精を出しました。

コルドバンクスも5年 8万キロオーバーと成りましたから、エアコンのフィルター清掃を行ったのです。

 

ダイネット部のエアコンフィルター清掃は毎年行いますが、カムロード部の車載エアコンフィルター清掃は一度も行って居ませんでした。

カムロードの空調機器は正しくは、マニュアルクーラーですが、ここではエアコンと称しますね。

 

今回、初めての作業ですから、取り敢えず取り説の確認から行います。

ヘッドライト後方に外気フィルターが装着されているそうです。

外気フィルター清掃は、グリルの取り外しが必要ですから今回は行いません。

何時かグリル外しを必要とする時に忘れず行いましょうか。

(@_@;)

まぁ~エアコン効き、外気導入共に不満は無いのですが、やはり8万キロも走行しますと、一度は見ておきたいとの考えで今回のメンテナンスです。

 

フィルターはこの赤丸部奥に設置されています。

ロアーカバーを外さない訳には行かないようですね。

(@_@;)

ウオッシャータンク キャップ部のクリップを1個抜きます。

このクリップ外し時に金属製クリップ抜きを差し込んだ際に、ロアーカバー表面に傷を付けてしまいました。

(@_@;)

Kenyの人柱が立ちましたから、皆様が作業される時には養生テープでカバーされると良いと思います。

またクリップ抜きは樹脂製が良いでしょう。

(@_@;)

まぁ~ウエスで傷を磨きますと、目立たなくは成りましたが・・・・

 

次に下部の6mmビスを取り外します。

この2ヶ所の締付け部以外は、差し込みクリップのみで固定されています。

ロアーカバーの右側を真っ直ぐ後方に爪を折らないよう注意し引きます。

 

赤丸部が固定爪です。

コルゲートハーネス、ヒューズホルダーは、Kenyが快適化で装着した物ですから、皆様の車輛には無いと思います。

 

次にウオッシャータンクを取り外します。

左側上部の10mm 6角ボルトを取り外します。

右側にも10mm 6角ボルトが2本締付けられていますから取り外します。

ボルト取り外しが完了しますと、ウオッシャー液を溢さないよう注意し、タンク下部の差し込みを抜き取り外します。

 

この写真に写っています、樹脂製クリップ抜きは用意はしていたのです。

にも関わらず、金属製クリップ抜きを使用する所が艤装には弱いようです。

エアコンフィルターは、この赤丸部に装着されています。

乗用車に比較しますと、フィルター脱着には手間が掛かります。

フィルターの取っ手を手前に引きますと、簡単に引き出す事が出来ました。

 

アッ!!!

フィルターは濾紙付きとばかり思っていたのですが、濾紙無しなのです。

(@_@;)(@_@;)

これでは花粉の濾過は行えませんね。

一昨年のマイナーチェンジで、濾紙付きに変更されたのでしょうか?

この辺りは如何にも商用車ですね。

取り説には、フィルター清掃は都市部 5,000Km毎、通常使用では1万Km毎に清掃との記述が有ったのですが、この目が粗いフィルターですと必要無いような・・・・

 

フィルターの赤丸部に綿埃状の異物が付着していましたので、水洗いし水気を拭き取りました。

その後は逆の手順で組付けます。

ウオッシャータンク下部の引っ掛け爪部です。

元通り組付け、ロアーカバーを取付ますと、完了です。

使用しました工具です。

清掃作業自体は約30分で簡単に終了したのですが、濾紙フィルターが無かった事はショックです。

(@_@;)

花粉症の身ですから、来春からは外気導入は出来ませんね。

 

あれだけ粗い目のフィルターですと、一般ユーザーですと10万キロに一回のメンテナンスで充分かと思いますね。

今回は思いもしない所で、商用車の出身であった事を思い知らされました。

トラックとしての使用ですと、フィルターのメンテナンスはまず行われ無いでしょうから、これでこそ良いのでしょうね。

フィルターの目詰まりは有りませんから。

(@_@;)

 

 

ブログランキングに参加していますので、ランキングバナーをクリックして下さい。

クリックと同時にランキング一覧に遷移しますが、課金等は有りません。

kenyのブログに1ポイントが付きますが、換金等の特典も有りません。

励みにさせて頂きます。

 

 

<参考>  トヨタ

 

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« バックカメラカバー快適化 そ... | トップ | ソーラーパネルのホットスポ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

 エアコン」カテゴリの最新記事