むーむー・流浪の穴

日々むーむーうなることを書く。
ネタバレありです。

音楽座21C:マドモアゼル・モーツアルト@グリーンホール相模大野

2005年09月03日 19時00分00秒 | 芝居(落語・バレエ・展覧会etc含)
どうしようかギリギリまで迷っていたのだけど、行ってまいりました。
やっぱり音楽座がまたやってくれるのは嬉しいし。
話は、モーツアルトが実は女だったという漫画が原作。
演出や音楽が前とは変わっていて、未来の戦争で女の子が銃に倒れる場面とかあって、軽い違和感。
モーツアルトは新妻聖子ちゃん。
思ってたよりずっとよかったです。歌上手い。声に凄く伸びがあって。
少年ぽさもなかなか。顔がちょっと地味かなあ。
新妻ちゃんのモーツアルトなら死神にならなさそうだ(安田顕@TEAM NACS)。
他の役者さんもよくて、サリエリ先生、コンスタンツェ、フランツの葛藤もよく描かれておりました。
しかし静かなシーンが多い。もう少しテンポが欲しい。
いいとこはいいんだけど、たるむところはたるむって感じ。
可動式のセットはずっと使ってる物だと思う。あの地球儀みたいな形結構好き。
カテコではみんなでサイリウムを振ってカンパニーに声援を送りました。
「おかえりなさい音楽座」の垂れ幕も。
愛されてるわ。よかったわ。
休憩時間や終演後、いたるところで挨拶大会になってて、身内みたいなお客様が多いような気がしました。
何にせよ待っててくれる人がいるってのは有難いことだなあ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 予定入れすぎー | トップ | 響鬼30話「鍛える予感」&マ... »

コメントを投稿

芝居(落語・バレエ・展覧会etc含)」カテゴリの最新記事