坊っちゃん入るべからず・・・南四丁目発

北の街札幌。南四丁目からのランと旅日記。

2012 北海道マラソン

2012-08-31 15:54:54 | 北海道マラソン


気づいてみればもう金曜日。時が経つのは早いです。明日はもう9月です。


それなのに依然として30度を超える日がある札幌。もう溶けそうです。


北海道の夏を締めくくる一大イベント、「北海道マラソン」。


今年も過酷なコンディションの中開催されました。


 スタート時の気温は28度、湿度は55%だそうですが、実際にスタートブロックに並んでいたときに聞いたアナウンスは29度だったような気がします。


今夏は走れないような怪我をしているわけでもないのに、なかなか思うような走りこみが出来ず、モチベーションもなかなか上がらずに本番当日を迎えてしまいました。


根拠のない目標タイム2時間58分。


と、以前書きました。要は道マラでのサブスリーなんです。


北海道で走っているランナーさんであれば、他のどの大会でサブスリーを出そうとも、北海道マラソンで、しかも厳しいコンディションで開催された中でのサブスリー!


という、思いがあるのではないでしょうか。


ですので、今回は調子云々はありますが、1秒でもいいからサブスリーを!の思いでスタートラインに立ちました。
今年からはスタートラインが大通&駅前通りとなり、テレビ塔の時計でスタートまでのカウントダウン。という演出。
大型都市マラソンらしくなってきて、だんだん気分の乗ってきました。

スタート前はSWAC大阪の大角コーチからアドバイス。
SWAC札幌でまずはエール交換。

そのあとはSWAC全体で集合。
川越監督からも貴重なアドバイスを頂きました。
これだけ多くの仲間いるとがんばれる?(*^^)v

約80名の集合写真はすごいですよね。
実際、コースのあちこちでエール交換ができました。


北大通りは入念にアップするランナーさんで一杯です。



20120827_1334802.jpg
スタートは9時。

ちょっと早めの8時半にはスタートブロックに入りました。
同じSWAC札幌のウクレレさん、なみちゃん、そして九州から参加のWさん。
前後には知り合いのランナーさんもたくさん。(*^^)



緊張と期待のスタート前。

10000人を超えるランナーさんが過酷な42.195kmに挑戦します。


そして、高橋知事の発する号砲とともにスタートしました。


スタートから前半は下り基調が続くこのコース。知らない間にペースがあがり、「もしかして今日は調子が良い?」

と勘違いに陥るある意味「魔の前半」です。

コース全体ではほとんどフラットで、もしこれが春か秋の大会であれば、全国でも屈指の好記録をだせるコースとなるでしょう。
しかし、如何せん道マラは全国唯一の真夏のマラソンです。


そして今回は1秒でもいいからサブスリーということで、ペースは4分10秒から15秒/㎞です。または5kmで21分を超えないように。


スタートから駅前通りを中島公園まではスタート直後の花道です。たくさんの沿道の応援がとても気持ちがいいですね。
後ろからどんどん追い抜かれますが、気にしない、気にしない。「新川通りでばてないでねぇ」の感じで入りました。
!(^^)!


スタートラインが昨年より2㎞ほど北に移動した関係で、中の島通りも早めに左折。この部分は試走をしていないので、目の前に上りが現れた時にはちょっと驚きましたが・・・・
上りきるとすぐに平岸でした。なんか得した気分?(笑)

5km通過タイム 21分12秒。


予定どおりです。


スタートして気付いたのですが、ブログランキングでいつも上位のパッキーさんがすぐ近くにいたんです。
腰が完治しないなかでの出走とのことでしたが、ペースはきっちりサブスリーぎりぎり。2時間30分台のエリートランナーさんと並走できる機会はなかなかないし、ペースを作ってもらえるなら体力的にも楽なのでついていくことに。
(*^^)v


平岸から平岸街道に出ると、案の定全体的にペースが上がります。やっぱり魔のコースです。(笑)


豊平川を渡り、創成トンネルも順調すぎて怖いくらいです。

トンネルを過ぎたあたりで☆Gさんに追いつきました。ぱっきーさんを交えてトークタイム。


10㎞通過 42分03秒 5kmラップ 20分51秒


21分を切ってしまいましたが、大幅にはペースアップしていません。さすが福岡国際ランナーさんです。
ペース感覚も抜群です。


給水、スポンジポイントもいつもより多くあったのか、5kmからは積極的に給水をし、頭や体に水をかけてクールダウン。

1週間前からいつものようにカーボローディングとウォーターローディングを実施していましたので、そのおかげ?か

気温はスタート時点で29度ですが、幸いにもくもり空のせいか思ったより体感的は楽に感じました。


石狩街道から北24条の駅に向かう途中の給水でぱっきーさんが後方に。はやり大事をとってたのでしょうね。
ここまでありがとうございました。


あとはひたすら一人旅。


無理にぺーサーを見つけることなく淡々と走りました。


15㎞通過タイム 1時間2分59秒  5kmラップ 20分56秒


ほぼ予定通りです。あとはどこまでキープできるかです。


新川駅を左に見て、新琴似2条通りに左折します。行きはよいよい帰りは怖いのは新川通りだけではありません。
一番気持ちよく走れる15㎞から20㎞がこのあたり、しかし一番きつくなる35km近辺もこのあたりということで、新川通りの次にいやなコースなのです。


しかし行きは元気、元気。!(^^)!


20㎞通過タイム 1時間24分11秒 5kmラップ 21分12秒


もう新川通りに出ています。ここから片道6.5kmの直線です。まだまだ余力を十分残したつもりで中間点を通過しました。


中間点通過タイム 1時間28分41秒


しばらく行くと先頭が折り返してくるのが見えました。ぶっちぎりで川内選手がトップです。


次第に後続のランナーさんが増えていきます。道内の知り合いランナーさんも続々と通過。


折り返しまでは長く感じませんでした。ここまで抑えてきたのは正解?いやいや、マラソンは30㎞、35kmから。


それでなくともしっかりトレーニングが出来ていない中でスタートしたのですから、間違えてもペースアップなどしないようにと言い聞かせ、30㎞を目指します。


25㎞通過タイム 1時間45分03秒  5kmラップ 20分52秒。


ここ新川でも多くの応援をもらいました。中にはお顔を覚えてない方まで・・・なるべくお答えしようと努めましたが、数人の方は通過したからの反応になってしまいました。ちゃんと聞こえてましたよ。ありがとうございます。


もちろん、折り返し再度沿道から、そして折り返しに向かうランナー仲間からも。


その中でも、皇子さんに笑顔で声をかけてもらった時にはぐっときてしまいました。
脚の病気が完治していないのに、完走する確率は低いのに・・・人それぞれに思いがあり、目標があり。


走れる自分はしっかり走らなければいけないと。



30㎞通過タイム  2時間6分02秒  5kmラップ 20分59秒


ペースはキープ出来ていますが、ここまでくるとただでさえ重くなる脚に、トレーニング不足が襲ってきました。


もうあとは気力です。心肺はきつくないんです。暑さ、脚の重さが気力を奪って行く感じ。ここからがマラソンの醍醐味と自分に言い聞かせ、「壁はまだ先、まだ先」。


体感ではペースは落ちている感じですが、あまり後ろから抜かれることはなく、むしろ追い抜けるランナーさんの数が増えていたことも集中力をキープするのに助かりました。下を見ることもあまりなく、「前に追いつけ、追い越せ」。


35km通過タイム 2時間27分15秒  5kmラップ 21分13秒


ぎりぎりできたせいで、目標タイムに対しては貯金があるわけではありません。
ここからの残りを1㎞あたり5分のペースでは3時間は切れません。脚が攣ったりなどのアクシデントが終わりの綱渡りです。集中力を切らしたらペースも落ちるので、ここが踏ん張りどころです。

もう脚を意識して前に出すといった感じでしょうか。


37kmを通過して、新川通りから北大へ入ります。北大のメインストリート。直射日光が当たらないし、応援もたくさんいるから頑張れる!と思うでしょ。
もちろんそうなのですが、メインストレートの終わりがちょうど40kmなのですが、実は気付かないけど上っているんです。ただでさえきつい終盤なのに・・・・


そしてこのストレートの終盤でまず最初の事件がおこりました。(笑)


いつも朝ランですれ違うランナーさん。今まで私が挨拶しても一回も返していただけなかった苦手なランナーさんなのです。力のあるランナーさんなのは知っていました。その方にパスされました。!(^^)!


自分だってここまで多くの方をパスしてきましたし、追い越されもしてきましたのでいいのですが、そのランナーさん、自分を追い越した途端、やたらと振りかえるんですね。(笑)

私が右によれば右に振りかえり、左に寄ってみれば左と・・・・・・


これまで個人的な勝負云々を意識たことはないですが、ここまでされると「う~ん・・・・・」。ちょっとって感じですか?
(笑)


でも私も追う気力もいまいちでしたし、なんとか3時間切りも見えてきたので「どうぞお先に~」と。


とこんなやり取りをしているうちに道庁赤れんが前に。!(^^)!


そして第2の事件が!!!


アミノバリューランニングクラブのラン仲間「どーも君」。


道庁赤レンガも南門付近でいきなり並んでくるではないですか!!!!(^^)!そしてそのままスルーパス?!(笑)


彼が道マラで初サブスリーを公言し、そのためのトレーニングをしてきたのを知っていました。

コンディションさえそろっていれば道マラでも達成は十分可能と思っていました。

しかし、折り返しでその姿を確認出来なかったこともあり、頭の中からその存在を意識できなくなったこの終盤のことでした。

並ばれ、抜かれた瞬間は一瞬目を疑いましたね。そして驚きに変わり・・・・・一瞬あきらめモードに。



しかし、第1の事件がここでフラッシュバック!!!!



スイッチ入りました。(笑)



道マラでここまで最後に上げたの初めてです。!(^^)! 良い刺激を頂きました。


ゴールタイム 2時間58分15秒


根拠のない予想タイムどおりでした。


しっかりペースメイクをしてのサブスリー。とても良い経験となりました。


なにより、SWACの応援団、他のチームの応援団、沿道の知人、ご家族・・・・・・たくさんのボランティアさんたちの力一杯の声援に感謝です。


これで来年は撃沈覚悟のレースが出来そうです。(笑)

 


人気ブログランキングへ


Comments (3)   この記事についてブログを書く
« 北海道マラソンまで1週間・... | TOP | ブログ再開???? »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (どーも)
2012-09-02 20:45:59
道マラ・・・ありがとうございました。
Kenさんに追いつけるとは私も思ってもみませんでした。
ばれないようにこっそり抜いたつもりでしたが(笑)
バレバレ・・オールスポーツの写真でもばっちり横に並んでいるところを
激写されてました(^^)

もう声をかける余裕も無かったのも事実です。

スイッチが入った後のKenさんのペースが凄かったです。
ありがとうございましたぁ。 (九州のW)
2012-09-04 15:51:00
北海道マラソンではお世話になりました。

ナミさんとは30kmまで一緒に走りましたあ。
ナミさんと一緒に走ったおかげで道マラのベストを出せました。

九州のレースにも皆さんでいらしてください。お待ちしています。
ありがとうございます。 (KEN)
2012-09-07 14:42:50
〒どーもさんへ

お疲れさまでした。
もともと持っている素質にトレーニングが加わって、いきなり北海道マラソンでサブスリーはすごいです。
これで満足せずもっと上を目指して下さい。!(^^)!

〒九州のWさんへ

お返事がおそくなり申し訳ないです。
こちらこそお世話になりました。!(^^)!
ナミさんも喜んでましたよ。
ベスト更新おめでとうございます。私も出せました。(笑)
九州は昨年、別大、青島太平洋にいきました。
来年はいぶすき菜の花マラソンに行く予定でいます。
宜しければ鹿児島で!!!(^^)!

post a comment

Recent Entries | 北海道マラソン

Similar Entries