坊っちゃん入るべからず・・・南四丁目発

北の街札幌。南四丁目からのランと旅日記。

斜里岳のこと

2020-09-14 16:40:38 | 登山

夏休み道東シリーズ。(笑)

はい、羅臼岳に登ったのは前日、そして斜里岳は翌日という連荘登山なので、シリーズ。(^^)/

斜里岳は数年前に一度登りましたが、すでに記憶があいまいに。汗

しかし山頂が360度パノラマだった記憶は鮮明に。

前日の羅臼岳よりも実は今回はこちらがメイン。

ということで、しっかり予報通り晴れてくれました。

 

スタートの清岳荘から約1kmちょっと林道を歩くと登山道入り口。

頂上まで3.6km。

入口は普通の登山道。

しかしこのあと・・・・

斜里岳登山道は旧道と新道があって、旧道は沢登りコース、新道は尾根コースとなっていて、

変化に富んだ登山道が魅力の一つ。

お勧めは上りが旧道、帰りは新道です。沢の下りは慣れていないと結構危険。(^^)

この分岐の二股まででもウォーミングアップ程度の渡渉を数度繰り返します。

二股を超えるとたくさんの滝に出会えて、気温が高くて大変だったけど、癒されますよぉ。(^^)

次から次へを沢登り、滝、滝、滝。

今回同行してくれたのは、網走在住のラン友山猫さんと北見のれいさん。(^^)

見晴の滝

こんな沢、滝沿いをずっと登ります。

ほとんど直登。(笑)

七重の滝もガンガン上ります。

滝が終わっても急登、急登・・・・でやっと馬の背に到着

阿寒の山々の絶景。

無事に斜里岳ゲット!!(^^)

登頂した時にはすこしガスが出たけど、すぐに晴れてくれました。

 

知床半島の付け根に位置する斜里岳からは知床連山が。

前日登った羅臼岳はめっちゃ遠くに。(笑)

ちょっとボケてる(腕がわるい・・)けど阿寒の山々、屈斜路湖。

馬の背方向を振り返ると、道東の山々に尾岱沼まで。

ちょっと風が強かったので、岩陰にかくれて名物「けんちゃんラーメン」(だそうです。)(笑)

今回は贅沢に旭川醤油を使ってみました。

摩周岳と摩周湖。

斜里から網走までとオホーツク海

帰りは新道を通って。

熊見峠というくらいなので、熊見えるのか? そういえば、ちょっと前に「くじらの見える丘」にいったが

見えなかったからなぁ。

とうことで、熊見えず。

代わりに振り返って快晴の斜里岳。

2000m級の大雪とはまた違ったかっこよさがある斜里岳。

またこよう。

ちなみに羅臼岳で会った方々にここ斜里岳でも遭遇。(^^)

これはもう一期二会でしょ!!!

 


マラソン・ジョギングランキング


Comments (2)   この記事についてブログを書く
« 9月になりました。羅臼岳のこと | TOP | 黒岳テン泊したこと。 »
最新の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (NAOJI)
2020-09-25 07:38:03
斜里、羅臼はセットですよね~。
私も23年前に父と登りました。
新道の下りで膝が笑って辛かった思い出が…
山登れて良いですね。実はランより登山の方が先だったんです。今は膝悪くしちゃったから登山も出来なくなってしまいました
Unknown (KEN)
2020-09-25 09:08:14
NAOJIさん
コメントありがとうございます。
登山もされてたんですね。膝心配ですが、
低くて短い登山道からまた始めてみてはいかがでしょう。(^^)

post a comment

Recent Entries | 登山