坊っちゃん入るべからず・・・南四丁目発

北の街札幌。南四丁目からのランと旅日記。

2018サンスポ千葉マリンマラソン

2018-01-21 17:53:12 | マラソン大会

今年最初のレースを走ってきました。


故障で途中からジョグになってしまいましたが、良い天気の中を最後まで走りきれたのが何よりでした。

前日はいつものマリブダイニングにあるレストランで。美味しいしリーズナブル。

お泊まりはいつものところ。
今回は24階でした。
富士山見えなくて残念です。


メンバーと軽くジョグ。
ランチの消化が終わってなくて胸やけが・・・・
千葉のサンセットもなかなか。

レース当日。
快晴!。(*^^*)

故障でもQちゃんとハイタッチもして、気持ち良く走れたレースですが、残念なこともありました。
千葉マリンマラソンは、出場するランナーの数が多い大会の割にはかなりゆるーい大会だと思います。

スタートエリアもAブロックからVブロックまで別れていますが、東京マラソンなどのように厳しくエリアが囲われているわけではありません。
入ろうと思えば違うブロックのランナーはどこからでも前のブロックに入れます。
そんなゆるーい大会であるがゆえに、ランナーのモラルも問われてしまうんですね。
悲しいかな、かなり多くの後方ブロックのランナーさんが、Aなどの前方ブロックからスタートする姿が見られます。

レイトエントリーと思われるゼッケンのランナーさんでも、堂々と最前ブロックからスタートします。
良いタイムや自分の走りをしたい気持ちは十分わかります。
しかし、それはサブスリー、サブフォーなどのランナーさんも、もっと時間がかかるランナーさんも、自分の走りをしたい、良いタイムで走りたいという思いは同じです。

後ろのブロックが前に入るのは、明らかに不正です。
そんなことをしてしまうランナーさんも、普段は一生懸命練習し、仲間にも尊敬されているのだと思います。

私も以前は同じブロック内で、早く並んでいたランナーさんを押しのけて、割り込んだこともありますが、後味があまり良くないので止めました。

マラソン大会のレースで、頑張りたい気持ちで、つい前のブロックに入ってしまったランナーさんの全ての人格を否定するつもりはありません。


一昨年の函館マラソンのような悲しい事態にならないことを祈ります。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 筋肉痛 | TOP | もうすぐ新年度 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | マラソン大会