坊っちゃん入るべからず・・・南四丁目発

北の街札幌。南四丁目からのランと旅日記。

On

2019-03-24 16:24:55 | マラソン(練習記録)

20数年ぶりに3月中に積雪が0cmになった札幌ですが、それから2回雪が降りました。

東京マラソンもう終わり、桜前線の北上が気になる季節です。

どうやら札幌の桜開花も例年より早そうな気配。

 

先々週には北海道のランニングシーズンの幕開けを告げる、白糠ロードレースが開催されました。

昨年初めて走ったローカルレースですが、かなりレベルが高い!

今年は行けませんでしたが、チームの常連メンバーが数名参加しました。

そして、あと数日で4月、新年度です。

 

現在エントリーしている北海道のレースは、10kmが1レース、フルマラソンが1レース、ウルトラマラソンが2レースとトレイルのリレーが1レース。

 

シーズン前半のメインとなるのが2つのウルトラマラソンです。

1つは利尻島一周、そしてもう一つは、初トライとなるサロマ湖100kmウルトラマラソン。

サロマ湖挑戦を決めた理由はいくつかありますが、それはまたの機会に・・・・機会は気まぐれですが。

 

さて、トレーニング方法やなんやら色々と気になるところですが、どのシューズで走るのかも悩ましいところ。

ウルトラを言えどもなるべく脚に負担のかからない軽いシューズで走りたものです。

利尻をきちんと走った時には、フルマラソン同様ターサージールで走りましたが、100kmはもう少しサポート(クッション)があってもいいかなと

色々とネット検索し、サロマ経験者の皆さんの記事も参考にしてみました。

 

候補に挙がったのは、

・HOKA クリフトン5

・アディダス ジャパンブースト

・NB HANZOR

・NIKE ズームフライフライニット

・On Cloud

 

このなかでHANZOはやっぱり軽量すぎるので最初に候補からはずれました。(笑)

たまたまいつも利用しているお店の30%オフクーポンを相方が持っていたこともあって、

いつでも割引価格で買えそうなアディダスも消えました。

本当は機能性やフィッティング優先ですが、折角なので普段なかなか手が出ないシューズを試したい。

そうなると、残りのHOKA、NIKE、Onとなったわけです。

 

3つの中から最初に消えたのが、HOKA。

クリフトンは数年前にお店で試し履きをしただけですが、他のHOKAを履いたことがあったので感覚は想像できます。

もちろん良いシューズなのはわかりますが諸々理由で却下。

 

残りはNIKEとOn。

欲しい気持ちは甲乙つけがたし。しかし悲しいかなNIKEの在庫がない。

とうことで行きついたところはOnでした。(笑)

 

ここに行きついた理由は単純ですが、実はOnは前から履きたかったシューズ。

数年前にCloudフラッシュが発売されたとき、たしか2016年の東京マラソンのエキスポで脚を入れましたが、ワイドが合っていなくて諦めました。

しかし、他のものも造りが丁寧でかっこよく、さすがスイスメイドという感じです。

お店には4種類しかありませんでしたが、たまたま気になっていた、

Cloud X

メーカー曰く、Xはランだけでなく、他のスポーツの動きにも対応できるようになっているとのこと。

メインであるCloudと違うのはアッパーだけ。それはあらゆる方向への対応をスムーズにするため

フィッテイングを最優先にした結果。

実際に足を入れてみると、そのフィッティングの良さは最高です。

サイズはいつもなら26cmですが、Onはハーフサイズダウンの25.5cm。

長距離は若干余裕があった方がいいと思うので悩みましたが、25.5cmでもいつもの26cmと同じ感覚なので良しとしました。

重量はターサージールの160gと比べるとありますが、216gなら普通にフルマラソンにも対応可能なレベルです。

実際履いてみるとフィット感も手伝って非常に軽く感じます。

踵のホールド感も薄目で気になるところですが、内側に配置されたクッションパッドのおかげで吸い付く感じ。

 

そしてこれがOnの売りでもあるアウトソール。

クラウドテックと呼ばれる特許です。

 

インプレッションはまた。

 

 


マラソン・ジョギングランキング

Comment   この記事についてブログを書く
« 東京マラソン2019 レビュー... | TOP | On Cloud X インプレッション »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | マラソン(練習記録)