旅の途中で観る夢は(おやじの旅日記)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

2014年・2015年の「雄国沼」。

2016年06月25日 09時47分37秒 | こんな事が

 雄国沼に昨日行って来ましたが、1年前・2年前と比べると「ニッコウキスゲ」の花数は少ないようです。

 それでも「ニッコウキスゲ」は沢山咲いて居ました。

 ただ何回か行かれた方は物足りない感じがするかも知れません。

 「コバイケイソウ」も咲いていなかったり、「レンゲツツジ」もわずかに咲いていたり、例年と花を比べると物足りない感じが。

 でも気持ちは良かったですよ、おいしい空気を吸う事は出来ましたし。


 

 萩平駐車場。このとき行った時は車が少なかったです。震災後だったからでしょうか?。


 

 金沢峠から見た「雄国沼」。

 震災前の話ですが、「ニッコウキスゲ」の花が多かった時は、雄国沼が黄色いジュウタンの様に当たり一面が観えた時も有りました。



 

 「金沢峠」から見た、「雄国沼」の反対側の光景です。

 「タニウツギ (谷空木 早乙女花)」も咲いて居ました。写真右側。



 

 この情景は今かから2年前(2014年)の写真です。

 「コバイケイソウ」が、沢山咲いて居ました。



 

 人が居なくて、写真は沢山撮れました。

 写真から感じるように、「コバイケイソウ」・「レンゲツツジ」も咲いて居ましたよ。



 



 



 

 「レンゲツツジ」・コバイケイソウ」が一面に。

 

 



 

 「コバイケイソウ」の乱舞。



 



 



 

 「タテヤマリンドウ」。



 

 「タニウツギ」。



 

 「ヒオウギアヤメ」



 

 「コバイケイソウ」にはミツバチも甘い汁を求めて。



 

 「レンゲツツジ」も乱舞。



 



 



 雄国沼で楽しい時間を過ごす事が出来ました。

 上の写真は2014年・2015年のものです。

 この前のブログの写真が、今年2016年の「ニッコウキスゲ」の写真です。


 

  

コメント

ニッコウキスゲが咲く「御国沼」へ。

2016年06月24日 20時39分40秒 | 美しい花を見て
 今日郡山は曇り空  でしたが、明日は雨  が降る予報なので今日「御国沼」のニッコウキスゲを観に見に行ってきました。

 「雄国沼(おぐにぬま)」は、福島県北塩原村にあるカルデラ湖で、「ニッコウキスゲ」の大群落で有名です。雄国沼は猫魔ヶ岳や雄国山、古城が峰、厩岳山などを外輪山にもつカルデラ湖で、標高1,000mの位置にあるそうです。周囲の山々はブナが多く、また、初夏にはレンゲツツジ、6月末から7月初めには沼の南の湿原地帯でニッコウキスゲの大群落が咲き誇り、この時期は多くのハイカーやカメラマンが沼を訪れます。

 

  

 「萩平駐車場」でシャトルバス(約25分)  に乗り、細い道をバスは一路「金沢峠」へ。

 「シャトルバス」はすれ違いが出来ないので、途中の待避所で登りのバスを待って居てくれていました。

 待避所は全部で10箇所、1番大きな待避所は6番。



  

 「金沢峠」展望台からの眺め。

 眼下には「御国沼」が。



 

 「金沢峠」展望台からの眺め。

 眼下には「御国沼」が。
 


 

 展望台の脇に有る「御国沼」までの下り坂。

 木チップと丸太のかなり急な下り坂。

 帰りがきつそうだ。



 

 「御国沼湿原」の入り口。

 順路の右側の木道へ。



 

 「雄国沼順路」、一周800mと書いてあった。 



 

 色鮮やかな「ニッコウキスゲ」の黄色い花が出迎えてくれました。



 

 多くのハイカーが。 

 今年は雪が少なかった様で、例年の半分以下だったそうす。その結果「御国沼」の水位も低いとか。

 「ニッコウキスゲ」にはこの水も重要な要素だそうです。


 



 

 年々「ニッコウキスゲ」の花数が少ないように感じるが。



 

 「コバイケイソウ」の花は見当たらす。

 「レンゲツツジ」の花も見当たらず。



 



 

 「トキソウ」と言う花の様です。


 
 



 



 

 「コバイケイソウ」の花をようやく見つけました。

 私のカメラのレンズでは、これが限界。

 「コバイケイソウ」は7年周期で多く咲くそうな事を係りの人が言っていました。



 



 

 「ヒオウギアヤメ」。



 

 「ニッコウキスゲ」。



 

 「ヒオウギアヤメ」の群生地。



 



 

 「御国沼」に別れを告げ。

 振り返ると、霧が立ち込めて来ました。



 

 きつい登り坂の始まりが。



 

 

 金沢峠に戻るには左の道を。



 

 木々  の新緑の緑が、目に飛び込んできます。
 


 



 

 雨のしずくが。

 木々に囲まれた登り坂、風の影響を受けずに水滴が。



 

 御国沼から階段を昇り、木々のトンネルの間から光が差し込んで来ました、「金沢峠」が間じかに。

 もうすこし。

 

 

 御国沼「金沢峠」からシャトルバスでの「萩平駐車場」への帰路。

 道幅一杯にバスが。下を覗くと急な崖も、少し恐怖感。



 

 萩平駐車場。

 行くときは往復の乗車券をここで購入し、バスに乗車。

 バスの発着時間を書いた紙も配布してくれました。500円×2。



 

 萩平駐車場からの「シャトルバス」の運行時間。



 

 帰りはそ「そば畑」を眺めながら。

 「そば畑」をカメラマン数人が写真  撮影していましたよ。



 

 帰路  に着きました。


コメント

ユリの花が数輪。

2016年06月21日 09時02分16秒 | 美しい花を見て
 昨日の夕方見たらユリの花が一輪咲いて居ましたが。

 今日朝咲いている花を見たら数輪咲いて居ました。


 


 


 


 

 色鮮やかな花が。サフィニア・ベチュニア。
コメント

あじさいの季節に。「福島県郡山市」

2016年06月21日 05時48分02秒 | 日記
 久ぶりに、開成山公園に散歩  に出かけた。

 テレビで北鎌倉、明月院の「アジサイ」の映像  をつい最近観た記憶が有ったが、開成山公園のアジサイも綺麗に咲いていた。

 季節の流れを花  で感じるように成ったのはここ数年だろうか?。

 日曜日 、子どもの声があたり一面に聴こえて来た。

 公園内を流れる「せせらぎ小路」では子どもだちが水遊びをしていた。


 

 子供達が水遊びをするのには、水のふかさ、幅丁度良い大きさ。

 大勢の子供達が。

 カメラ  に収めたい光景だったが、変なおじさんと思われたら困るので何気なく通り過ぎた。



 

 人工的に造られた、せせらぎ小路の周りにはあじさいの花が咲いていた。



 

 明月院ブルーとまではいかないが。



 
 
 ピンク色したあじさいも。



 



 



 

 安積疎水の開拓に貢献してくれた「ファン・ドールン」の功績をたたえる案内板が。



 

 「せせらぎ小路」の傍らにはひっそりと黄色い花が咲いて居ました。



 



 

 公園内バラ園のバラも終演を迎えていましたね。



 

 綺麗に咲いていたバラを探して。



 

 バラ園の園内の「あじさい」の花が数輪咲いて居ました。



 

 我が家の庭にも、「ピンクシャラ」の花が終わり、「ヒメシャラ」可愛い花が咲き始めて居ました。



 

 どうも私は、紫系色の花が好なのだろうか?、庭のプランターの一角には数輪小さな花が咲いていた。



 

 「エキナセア バウワウ」も咲き始めていた。この花が咲き始めると数年前に訪れた富良野地方の「風のガーデン」の光景を思い出す。
 
 我が家の土地にあっている様で毎年忘れずに咲いてくれる。



 

 「ハクチョウソウ(ガウラ)」のピンク色の花が風にゆられてふわふわと。



 

 ヤマユリの花のつぼみも大きく膨らんできた。後数日で開花だろうか。



 

 どうも最近は、花の名前も忘れがちだ。

 色々花の苗木や球根を植えるが、多年草の花なのに翌年咲いてくれない花も有る。園芸店のお店の方に聴いた事が有ったが、今は品種改良された花が数多く出回っているので多年草と書いていても、その土地の風土や環境で翌年また咲いてくれない花もある様だ。


コメント

熱塩加納町のひめさゆり。「福島県喜多方市熱塩加納町」

2016年06月10日 09時14分38秒 | 美しい花を見て
 先日熱塩加納町のひめさゆりを見に行った時に頂いたパンフレットです。

 




 

 書いて有る文字見難いですが。




 

 今年も、突然変異の白いひめさゆりが咲いていた様ですが、行く時期が遅くて「ひめさゆり」咲き終わったり、枯れかかっていたり。

 探す事ができませんでした。この写真は昨年咲いていた白い花のひめさゆりです。



 




 

 観に行かれる方は今週が最後のチャンスですね。
コメント