旅の途中で観る夢は(おやじの旅日記)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

余ったご飯を美味しく保存できる伊賀焼きの呼吸する「おひつ」を。

2014年11月22日 22時04分38秒 | 日記
 余ったごはんをおいしく保存できる「呼吸するおひつ」を1カ月以上待って先日購入することが出来ました。

 

 ご飯を炊いて、余ったご飯をさめない内に「おひつ」に入れると、ご飯の水分を伊賀焼きの「おひつ」が水分をすって、食べるときにレンジで温めると、おひつに吸い込まれた水分が吐き出し、ご飯が炊いたときの様に美味しく頂きました。

 おひつの水蒸気でカメラのレンズが曇ってしまいました。

 

 美味しいですね。

 

 「おひつ」の蓋と本体です。

 ネットで購入するときはどんな物か、映像で1部しか確認できませんがテレビ等で製造工程や実際に使って居る方が居ると、わかりやすかったので購入しました。

 我が家では大活躍です。
コメント

昨日・今日と暖かい1日成りました。「福島県郡山市」

2014年11月22日 21時16分38秒 | 日記
昨日・今日と暖かい1日成りました。

 開成山公園の児童広場には多くの親子ずれが訪れて居ました。

 

 「せせらぎ小路」、噴水にもみじの葉が。

 

 せせらぎ小路沿いに咲く、花。

 

 木々も紅葉に。

 

 落ち葉拾いが、大変な様でした。

 

 バラ園の花も寂しげに。桜並木の葉も寂しく散って秋の葉桜へ。

 

 「五十鈴湖」、五十鈴橋を望む。

 

 五十鈴湖の湖面も今日は穏やかでした。

 

 「カモ」の姿も。

 

 

 「子供広場」や「野外音楽堂」が。

 

 モデルさんが、スチール写真の撮影をしていましたね。

  

 

 紅葉が。 

 

 紅葉の季節を惜しむように。

 

 ぽかぽか陽気の1日でした。
コメント

安積艮斎と江戸幕府の講演会が。 「福島県郡山市」

2014年11月17日 21時10分01秒 | 日記
安積艮斎の足跡に迫る。

 郡山市文化講演会「郡山が生んだ幕末の大儒学者 安積艮斎(あさかごんさい)と江戸幕府」は16日、同市の「ビックパレットふくしま」で開かれ、幕府直轄の「昌平坂学問所」教授などとして、近代日本の礎を築いた偉人たちに多大な影響を与えた「安積艮斎」の奇跡に迫った。約400人が聴講したそうです。

 艮斎さんはペリーの文書を通訳するなどして携わった開国の裏側を明かした。また、江戸後期に艮斎が教授を務めた幕府直轄の最高学府昌平坂学問所を「藩の垣根を越えた全国の俊英を教育した場」と表現した。吉田松陰や高杉晋作、岩崎弥太郎らを例に「幕府方から反幕府方まで政治に関係なく優秀な若者たちが集まった」と艮斎の人格やさまざま意見を尊重する教育方針を評価していました。
 
 安積国造神社宮司第五十五代宮司の三男に生まれた方だとか。

 「安積艮斎」さんの事は以前かすかに聴いた事が有った様な。

 

 安積艮斎と江戸幕府の講演会が開催されました。

 安積艮斎(1791~1860)で江戸幕府に使えたのは60歳位から十年間位だとか。

 

 

 友達に誘われて講演会に行きましたが、興味深い話が聞けて有意義な時間を過ごす事が出来ました。

 偉大な郷土の人物に触れた1日でした。
コメント

第26回市町村対抗県縦断競争大会(ふくしま駅伝) 「福島県」

2014年11月17日 20時59分26秒 | 日記

第26回市町村対抗県縦断競争大会(ふくしま駅伝)

 県内53チームがタスキをつなぐ第26回市町村対抗県縦断競争大会(ふくしま駅伝)が開催されました。

 「しらかわカタールスポーツパーク(同市総合運動公園)」をスタート、県庁をゴールとする16区間95.1キロで開かれ「いわき市」が5時間9秒で3年ぶり11回目の総合優勝をはたした。町の部は「猪苗代」、村の部は「西郷村」が制した。我が郡山は2位でした。いわき市の独走で大会は終わりました。 


 

 中継車が。

 

 先頭はいわき市チームでした。

 


 

 第二位の郡山チーム。

 

 各チーム、郷土の誇りを胸にタスキをつなぎました。
コメント

「佐藤静司」彫刻展へ。「福島県郡山市」

2014年11月13日 22時43分35秒 | 日記
 今日ビックアイ6Fで開催された「佐藤静司」展に行って来ました。

 

 彫刻の世界を堪能してきました。

 物を作る方のパワーを頂いて来ました。99歳だとか、私もまだまだ頑張らないと。

 帰りにうすいデパートで開催されている「全国美味物語(人気のスイーツがうすいに集合しました)」の会場を見てきました。

 混雑していました。広島「八天堂のクリームパン」さんが1番人気のようでした。長い列が出来ていましたから。

 香川の「松風庵かねすえ」さんの「さぬきわらび餅」も人気でした。

 私は讃岐うどんを購入して帰宅しました。
 
 

 家つくと、家の前のドウダンツツジが、真っ赤に。綺麗でした。
コメント